HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 薬剤師の留学って?

薬剤師の留学って?

薬剤師Q&A

現在、薬剤師の方で留学している場合、2つのパターンがあります。
薬剤師として、海外の大学で「pharm.D」を卒業して、アメリカで通用する「薬剤師免許」を取得する事で、日本での「スキルを上げる」または「海外で薬剤師としての仕事をする」事が目的の場合と、「ワーキングホリデー」で、アルバイトをしながら語学留学をするパターンの2つがあります。

薬剤師が「ワーキングホリデー」で語学を身に着けたいと言うのであれば、ある程度の覚悟がいります。
実際に、ワーキングホリデーに興味を持ち、語学を身に着けようと考えている薬剤師の方は多いと思いますが、「ワーホリ」での語学留学に関しては、薬剤師ばかりでは無く、他の仕事に就いている方々も多く、既に海外に行っている方もいらっしゃいます。

必要に迫られる事で会話力を付ける事が目的なのですが、多くの日本人は英語力がついていけず、日本人同士の交流しか持てず、何の収穫もないまま帰国する人が大半です。
ワーホリで、語学留学をするのであれば、日本でしっかりと薬剤師として仕事をして、まずは薬剤師としての経験を積みながら必要な海外での生活費を貯め、更にある程度の会話力を身に着けて出発する事がベストです。

「pharm.D」(専門大学院博士課程)とは、アメリカにおいて「薬剤師免許」を得られる唯一の手段であり、外国人であっても「インターン免許」の取得が出来る、唯一の方法です。
ここでは「薬物治療学」や「薬物療法モニタリング」のスキルを身につけることができるので、帰国して薬剤師として仕事を再開するのにも、役に立ちます。

「ワーホリ」において語学留学をするのであれば、こちらでのスキルをきちんとあげておくことで、再就職も可能ですが、大学卒業後に、薬剤師としての経験を積まないまま留学してしまうと、仕事がありません。

きちんとした「目的」と「金銭的な余裕」が、薬剤師として留学を成功させる大切な条件です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜