HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 調剤時間をできるだけ短縮するコツとは?

調剤時間をできるだけ短縮するコツとは?

お役立ち情報

薬局へいらっしゃる患者様は、体調が悪いからこそ病院を受診してお薬を処方してもらっている訳ですから、出来れば待ち自時間は短い方が好ましい状況でもあります。
また、込み合っていれば、待っている間に具合が悪くなられる事もありますし、伝染性のインフルエンザのような症状であれば、他の患者様にも移してしまう可能性も否定できません。

薬剤師として出来る事は「調剤時間を出来るだけ短縮するコツ」をつかむ事です。

手際の良い薬剤師さんであれば、早く調剤をして患者様を待たせる事もないのかもしれませんが、そのような薬剤師さんばかりではありません。

一部の薬局では、「FAX」を使用して、事前に病院から「処方箋」を送ってもらい、調剤が完了した時点で、スマートフォンで患者様にお知らせするシステムを導入している所もあります。来店と同時に処方箋とお薬を交換する事で、待ち時間なくお薬をお渡しする事が可能です。

また、自動で「分包」や「液剤の分注」をできるよう、最新の調剤設備を導入している薬局もあります。
更に「レセプトコンピュータ」や「電子薬歴」等も完備している事で、患者様の情報を迅速かつ正確に掴むことで、適切なご説明を素早く行えるようにしている所も増えてきています。

しかし、電子機器の導入だけでは、やはり調剤の短縮は難しい事もあり、薬剤師さんの大半は、開店までの1時間に、「錠剤の小分け」「医薬品の在庫管理」等を行うといった工夫をされているようです。

また、昼休憩後の比較的すいている時間帯にも、消費した薬品の補充や医薬品の在庫管理等の雑務の他、販売・処方する割合の高い薬剤に関しては、あらかじめ調剤(予製)しておいたり、粉薬の分包や軟膏の小分け等を行い、混雑時に備えている方が多くいらっしゃいます。

この他にも、気がつい時点で、改良できる点があれば試してみるようにしてみましょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜