HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 求人票からは定着率はわからない。どうすれば?

求人票からは定着率はわからない。どうすれば?

お役立ち情報
頭を抱える女性

「ブラック企業かどうかは定着率(離職率)で決めろ」と言う言葉がありますが、実際に定着率と言うものは求人票には記載されていません。
採用側からしてみれば「定着率が悪い=ブラック企業」となる訳ですから、当然そのような不利な情報を提供する訳は有りません。
むしろ「優良企業」であれば定着率を堂々と乗せているかもしれませんが、それもあてになるとは限らないのが実情です。

では、どうすれば「定着率」を知る事が可能なのでしょうか。
一番わかりやすい方法は、その会社の従業員数を新規の募集人数で割る事で、そこに勤務する職員の「回転数」のような意味合いを持つ数値を求めることが出来ます。

この数値を他の職場(同業種)と比較してみて値が小さければ、その会社は「職員の回転数が少ない=定着率が良い」と言う事を知る事が可能です。

ただ、この数値も単なる目安でしかありませんので確実とは言い切れません。
その為、一番良い方法としては「転職支援サイト」等のコンサルタントに直接質問してみる事をお勧めします。

求人案内の内容で「異常に初任給が高い」「求人数がやたら多い」と言う場合は、それだけ職場に居ついてくれる職員が少ないと言う事になりますので、そういった部分を良く観察してみて疑問に思えばコンサルタントに尋ねてみる必要があります。

大半の「高額求人」には「訳あり求人」が多く、コンサルタントとしてもそれを隠してまで離職率の高い職場を紹介する事は少なく、確かな情報を得たいのであれば小さな疑問もそのままにせず、担当者に尋ねてみる事で「訳あり求人」の理由が明確になります。

その上で「勤務しやすい職場」か「職場環境より高額年収」を選ぶかは、転職者本人が決める事ですので、良く考えて求人情報に目を通してみましょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜