HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 疑義照会の手順を詳しく知りたい

疑義照会の手順を詳しく知りたい

お役立ち情報
頭を抱える女性

「薬剤師法」により、医師からの処方箋に基づいて、薬剤師は調剤業務を行わなければならず、処方箋に疑問や不明点が見つかった場合には、薬剤師は必ず処方医に、処方内容の疑問・不明点を問い合わせ・確認した後、これによって調剤を行わなければならないとされています。(薬剤師法第24条)
これは、薬剤師業務の中でも大変重要な事で、薬剤師の責任や能力が問われる業務でもあります。

しかし、相手は「医師」である以上、万一処方箋内容に間違いが見つかったとしても、いきなり指摘する事はプライドを傷つける行為でもありますし、今後の業務にも支障をきたす恐れがあります。
したがって、以下に「疑義照会の手順・マナー」について、ご説明させていただきます

① 疑義が生じた時点で、まず疑義照会の内容を頭の中で把握(必要であればメモ)した後、おおよその回答と、代替案を想定しておきます。
その後電話にて、処方した医師に連絡をします。
大半は病院の受付に繋がりますので、「○○薬局の薬剤師○○です。お世話になっております。」と挨拶をし、「患者様の□□様の処方せんについて疑義照会を行いたいのですが、○○科の○○先生お願いできますでしょうか?」と、失礼のないように要件を伝えましょう。

② 内線で医師に繋がった時点で、「お忙しい所申し訳ありません。いつもお世話になっておおります、○○薬局です。」と一言付け加えた後に、疑義の内容を伝えます。

③ 「患者様の○○様なのですが、本日の処方(疑義の内容)は、…ではないでしょうか?」と明確に、且つ丁寧に疑義照会をするよう心掛けましょう。

④ 医師から、回答を得られた時点で「ありがとうございました。お手数お掛けして申し訳ございませんでした。失礼致します。」と締めくくります。

相手は多忙な医師である事に加え、プライドの高い方もいらっしゃいます。
細心の注意を払い、疑義照会を行う事が、今後の業務の上でも重要な事です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜