HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 調剤薬局が24時間体制になるってほんと?

調剤薬局が24時間体制になるってほんと?

お役立ち情報

2014年度「診療報酬改定」の中で、「基準調剤加算を取るためには、24時間調剤対応及び在宅医療をできる体制の整備が必要」という条件が記載され、薬剤師業界には大きな波紋を呼んでいます。

現在、調剤薬局が24時間対応を社会から求められているのは事実です。
薬局によっては緊急連絡先の電話番号を提示する等の対応をして、薬局閉店後でも処方箋を受け付けている所も多くあります。

中には、夜間救急対応している総合病院の門前薬局等の場合、医療機関からの要請もあり近隣の調剤薬局が協力し、輪番制の形を取り土日・夜間等の処方箋に24時間対応を可能にしている所も少なくありません。

ただし、2014年度の「診療報酬改定」による「調剤薬局の24時間対応」は、以前までの対応とは多少異なる部分もあります。
以前の「基準調剤加算」の基準としては「開局時間以外の時間において調剤を行うにつき必要な体制が整備されていること」と定められていました。しかし、今回の「2014年調剤報酬改定」においては、「基準調剤加算1」の基準には「当該薬局を含む近隣の薬局と連携して24時間調剤並びに在宅患者に対する薬学的管理及び指導を行うのに必要な体制が整備されていること」とされています。
また「基本調剤加算2」の基準には、「当該薬局のみで、24時間調剤並びに在宅患者に対する薬学的管理及び指導を行うのに必要な体制が整備されていること」と記載がされている所が多少異なるとされる部分です。
これは、夜中・早朝を問わず「調剤の必要があれば応じなければならない」と言う意味合いが込められているのです。

実際に24時間、夜間・土日・祝日を人数の少ない薬局で賄う事は難しい事でもあります。
しかし、今後厚生労働省としては「医療費削減」という面でも、在宅医療を強化したいという理由から、調剤薬局による「かかりつけ薬局」としての24時間体制を求めているのでしょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜