HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 薬局経営に必要なものは何?

薬局経営に必要なものは何?

お役立ち情報

「薬局経営」に必要な事は、「資金調達」や「調剤機器」「腕の良い薬剤師」ばかりではありません。
一番必要とされるものは、実は「コミュニケーション能力」と言われています。

薬剤師としての「コミュニケーション能力」とは、専門家としての服薬指導の上では非常に重要な業務でもあり、きちんとこなしていらっしゃる薬剤師さんも大勢いらっしゃいます。
しかし、いくら薬剤師としての知識の向上や接遇的な面で問題がないとしても、専門家としての視点だけに注力した結果、世間的には視野が狭くなり、「幅広いコミュニケーション能力」の不足の低下を招いてしまう恐れもあるのです。

「薬局経営」をしたいのであれば、患者様だけでは無く、薬局内・会社内・取引先とのコミュニケーションは必要不可欠とされます。
社長として従業員を管理し、経営に必要な情報を収集するためにも、コミュニケーション能力は重要であり、経営の柱となる事を良く覚えておきましょう。

また、社長の大事な役目の一つにはドクターとのお付き合いが挙げられます。
処方箋を出してくださるドクターとの関係は、簡単なものではありません。

ドクターの中には、院内処方時代の「自分のやり方」を押し通す方もいらっしゃいますが、そういった方とはうまくコミュニケーションを取りながら、自分の薬局のやり方を認めていただく事が薬局経営には必要とされる事なのです。

常日頃からコミュニケーションを図る事で、お互いに相談し合えるパートナー関係を作り出す事は、経営者としても、非常に重要な事でもあるのです。

その他にも、複数の薬局から処方せんを受けている場合等は、更に広い視野を持ち、取引のある医療機関とのお付き合いに関しても、他の薬局との関係・バランスを考慮したましょう。先方での勉強会や忘年会等の行事等に誘われる機会が有れば、お伺いする事もマナーの一つでもあります。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜