HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > なぜ薬剤師業界は人手不足なのか?

なぜ薬剤師業界は人手不足なのか?

お役立ち情報

最近の「薬剤師業界の人手不足」は深刻な状況とされています。
その理由の一つには「薬学部6年制への移行」と「空白の2年間」による、新しい薬剤師が排出されなかった時期が要因の一つとされています。
その他にも「医薬分業」において「調剤薬局」が増えた事で、薬剤師が分散してしまった事にも原因があります。

中小の調剤薬局の中には、薬剤師が不足している事から売上の悪い店舗を減らす事で、薬剤師をなるべく売り上げの良い店舗へ凝縮する事で解決策へ導いている所もあります。

また、もう一つの原因としては「給与」の問題にもあるようです。
特に調剤薬局の場合、管理薬剤師や薬局長にならない限りは、年収は頭打ちされてしまう為「高額年収」の為に、製薬会社のMRや管理部門、学術部門へ転職されるケースもあります。

6年間(以前は4年制もありましたが)の大学での厳しい講義や実習を乗り越えて得た、せっかくの「薬剤師国家資格」ではありますが、年収を考えると、つり合いが摂れないと思われる方がいらっしゃっても当然なのかもしれません。

また、ドラッグストア等では、人件費削減の為に薬剤師は最小限に留め、残りを人件費の安い「登録販売者」としている所も出てきています。

更には、女性6割と言われている薬剤師ですので、結婚や出産を期に薬剤師業務事態を離職してしまっている方も大勢いらっしゃいます。

少しでもこの薬剤師不足を緩和する為にも、女性薬剤師の職場環境を考える事も必要な事かと思われます。
育児をされている方であれば、育児休暇を積極的に取得できるようになれば安心して働く事が可能ですので、離職してしまった薬剤師が戻る可能性も少なくありません。
また、妊娠や育児期間の時短勤務もその一つです。

今後も増え続けるであろう「高齢化社会」に備えて、薬剤師不足の解消にテコ入れをする時期が、今である事は間違いないと思われます。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜