HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 腰の低さは薬剤師にとってスキルになる?

腰の低さは薬剤師にとってスキルになる?

お役立ち情報

一般的に、古くから「医師」「薬剤師」と言った医療従事者たちは、「病気を治す側」として所謂「上から目線」での物言いをしてきたことは周知の事実です。
ただ、最近は少しずつ、医療従事者の考え方も変化をしてきて「医療従事者はサービス業でもある」と考える医師や薬剤師が目立ち始めました。
その為、患者様に対して丁寧な言葉使いを心掛ける医師や薬剤師が増え、そういった病院や薬局には人気が集中してきているようです。

薬局そのものも、大手のスーパーやショッピングセンターからの買収で、起業理念が「サービス業」として考えられているグループ企業も出てきています。

確かに薬剤師と言う業務は患者様の医薬療法を支える大切な役目を担っています。
しかし、一歩間違えれば患者様の命を奪う可能性も否定できないのが、この職種の最大の特徴でもあるのです。

「腰の低さは薬剤師にとってスキルになる?」
これは当然の事です。

患者様を上から目線で見る時代は過ぎ去りました。
インターネットの普及で、一般の方もお薬の内容を確認する事も可能ですし、様々な情報を得ています。
下手をすれば、薬剤師よりも知識を持つ患者様は、ずっと増えている訳ですから、万一患者様から質問をされた事柄に対して、最低限で応えられるべき知識は必要とされます。
しっかりと自分の薬剤師としての知識や技術を患者様に理解して頂く為にも、常日頃から薬剤師としての知識・技術の向上を目指し、患者様への、最大のサービス提供が可能な状況を作る必要性があると言えるでしょう。

「ありがとうございました」
「お待たせいたしました」
「申し訳ございませんでした」
この3つの言葉が言える薬剤師はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

薬剤師にとっての腰の低さは「能ある鷹は爪を隠す」と同じ位大切なスキルです。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜