HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 地方の方が年収が高いってほんと?

地方の方が年収が高いってほんと?

お役立ち情報

現在都市部では、薬剤師は飽和状態と言っても良いと思います。
全国的に見れば確かに「薬剤師不足」である事は間違いありませんが、むしろ「転職が多い職業」だからこそ求人数も多く、都市部であっても「飽和状態」を感じる事はほとんどないと言った方が正しいのかもしれません。

全国の薬剤師の平均年収は533万円とされ、男女別で見てみると男性薬剤師で562万円、女性薬剤師で520万円と言う結果が出ています。
これを平均月収にしてみると、男性が約39万円、女性が約36万円で、時給換算で「平均2,130円」と言う事になります。

他の職種と比べれば若干高めであり、パートやアルバイトで考えた場合でも、充分高額である事は言うまでもありません。

しかし、これはあくまでも全国平均ですので、地方別に調査していくとかなり変わってきます。

ある地域別アンケートで、20代~50代の薬剤師1253人の転職時平均年収を調べた所、
「1位 大分県677万円」「2位 山形県654万円」「3位 鳥取県613万円」という結果がでました。
更に、4位以下に関しても「青森・富山・長崎・北海道・福島・三重・静岡」と、全て地方に集注しているのが判ります。
これに比べて、「東京507万円」「埼玉510万円」「神奈川513万円」で、1位の大分県との差は160万円前後と言う、大きな開きが判明しました。

都市部には総合病院等の医療施設が充実している事と、それに比例して薬局数の多さが関連してきます。
医療施設の数が多ければ、当然処方箋薬局の数は増えます。

一方地方では、総合病院等の医療施設が少ない事と、それとは逆に高齢者が多い為慢性疾患による患者様の数と在宅医療件数が多く、どうしても「薬剤師不足」が問題とされているのです。
その為、地方では「高額な年収」を支払う事で、薬剤師不足の解消を目的としていますので、家族や居住地に縛りが無いのであれば、地方で勤務する事が年収を高くする良い方法の一つと言えるでしょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜