HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 先発品と後発品、本当に効き目は変わらない?

先発品と後発品、本当に効き目は変わらない?

お役立ち情報

先発医薬品の開発は、全てが0の状態から研究開発されるため多額の費用と時間が掛かり、一つの医薬品を開発する費用は300億円以上、時間にして9~17年程度とも言われています。
そのため、この投資金の回収をする目的として先発医薬品には特許期間が認められているのです。

それに対し後発医薬品は「有効成分が開発・検証されている医薬品」を作ため、費用も安く短期間で開発が出来るので、後発医薬品の価格は先発医薬品と比べて安価で提供する事が出来るのです。
安価な後発医薬品の普及は「医療費の抑制」という点で大きく期待されています。

ただ、先発医薬品と後発医薬品では有効成分以外の添加物に違いがあったり、有効成分の含有量にも違いがあることがあります。
そのため先発医薬品と後発医薬品を比較すると、効能・効果や用法・用量に多少の違いがある場合もありますので、よく注意する必要があります。

「先発医薬品と同じ効果が得られる」と言われている後発医薬品ですが、実際には有効成分は先発医薬品と同様の物を使用していても、それを薬の形状にする段階で使われる添加物や有効成分の含有量等が、後発医薬品の場合は多少異なる場合もあります。
実際に「後発医薬品へ切り替えて、それまで得られていた効果が得られなくなった」という事例もあります。

厚生労働省によれば、例え添加物が違ったとしても「有効成分に問題がなければ医薬品としての効能に影響はない」と言われています。
また、「承認審査の過程」が違う場合においても、「先発医薬品の際に確認がとれているから省略している」という事で、全く問題は無いと言う事です。しかし、添加物や形状によって微妙に効能が変わって来ることがありますので、患者様が後発医薬品切り替えた際には、充分注意して副作用の有無が無いか確認していく事が必要とされます。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜