HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > イクメン薬剤師になりたい!職場はどうすればいいの?

イクメン薬剤師になりたい!職場はどうすればいいの?

お役立ち情報
微笑む三人家族

最近では「イケダン(イケてる旦那さん)」や「イクメン(育児をする男性)」等の言葉が使われるようになり、以前に比べて、男性が家庭生活全般の中でも家事や育児に参加する風潮が当たり前になりつつあります。
それに合わせて、大企業などでは男性社員の「育児休暇」や「介護休暇」の取得も認められている所もあり、家庭生活への男性の参加が認められ始めていると言っても良いでしょう。

共働きなのか父子家庭なのかでかなり状況は変わって来ますが、他の職種と違って薬剤師の場合、「イクメン薬剤師」として仕事を続けていく事は意外と難しい事ではありません。

万一、現在の職場が理解ある職場で男性の育児休暇の取得が出来るような状況であれば、一番問題はありませんがそうではない場合、やはり育児がしやすい職場への転職は必要となります。

職場としては「調剤薬局」や規模の大きい製薬会社の管理部門等がメインとなると思われます。
「病院薬剤師」の場合は、仕事にやりがいを求めたいのであれば仕方が有りませんが、夜勤や多忙を極める事を考慮すると、育児を中心に仕事をするのは他のスタッフへの迷惑や影響も考えられますので非常に難しいと思われます。

調剤薬局の場合、上司の理解が得られる場合であれば残業も殆どありませんし、チェーン店であれば職場も保育園等の送迎に便利な場所を選ぶ事も可能です。
また、既に女性(育児中または経験済み)の薬剤師が多く勤務している所であれば、とても協力的になってくれるはずですので、万一子供が熱を出した場合等やむを得ない事情があれば、快く仕事のフォローを引き受けてくれるはずです。

「育児をしながら薬剤師をする」と言う条件をきちんと提示した上で、一度「転職支援サイト」へ相談してみると以外にも求人が多いので、自分のプライベートタイムと一致した条件での職場選びが可能と思われます。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜