HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > お役立ち情報 > 求人票の曖昧な表記に注意!

求人票の曖昧な表記に注意!

お役立ち情報

「条件が全く違った」と言う内容を良く耳にしますが、これには大きな理由があって、大半は「求人情報」の内容の捉え方に問題が有る場合が殆どです。

① 「週休二日制」と「完全週休二日制」
この二つの言葉はよく似ていますが、実は、その内容が全く違うものだと言う事をご存知の方は少ないのかもしれません。
「週休二日制」と言う表記は、1ヶ月の内に、週2回の休日が1週だけあれば良いとされている制度です。
これに対して「完全週休二日制」とは、毎週毎に、週に2日の休日があると言う制度で、これが実際に行われていれば問題はありません。
その為「週休二日制と記載されていたのに、実際は、殆ど週1日しか休めない」と言うのは当たり前の事なのです。

② 「福利厚生」
「福利厚生」とは「厚生年金・健康保険・労働者災害補償保険・雇用保険」の4つの制度を指します。
「社会保険完備」と記載のある物に関しては、この4つの制度全てへの加入が可能とされている場合に記載されています。
しかし、就業時間等の関連、又は採用側の経営方針等で多少異なるケースもあり、「社会保険あり」だけの記載の場合は、「労働者災害補償保険・雇用保険」の2つだけしか入れないケースもあります。
正社員で勤務するのであれば、この二つの記載の違いを良く確認し、出来るだけ「社会保険完備」の記載のある物を選ぶべきでしょう。
少しでも疑問が有れば、質問してみる事が賢明です。

③ 「産休・育休」取得可能
これだけは、実際のところ、求人票の記載だけでは何とも言えないのが実情です。
勤務先にもよりますが、既に、出産や育児休暇を取得・経験した女性薬剤師が勤務している場合、「産休・育休」の取得がし易いのが本当のところです。
しかし、いくら記載に「産休・育休」とあっても、理解を得られない職場であったり、前例がなかったりする場合には難しい場合もありますので、最初に良く確認しておく事が必要です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜