HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 大手薬局から中小薬局の転職は?

大手薬局から中小薬局の転職は?

薬剤師Q&A

中小薬局から大手薬局への転職はややハードルが高いですが、大手薬局から中小薬局への転職はしやすいです。
大手薬局から中小企業に転職した場合、最初に、ちょっと驚くのは給料でしょう
大手薬局に勤めていたころよりも多いからです。

一般的には、大企業の方が給料が良いですが、薬剤師の場合逆になります。
中小企業の薬局や個人経営の薬局の方が、給料額が高くなります。
また残業が少ないので主婦の場合、家庭との両立がしやすいです。
その上、地方への転勤が少ないので、地域の薬局勤めは家庭の主婦の方が多いです。

大手薬局は地方のチェーン店が多いため、急に異動を命じられることがあります。
住み慣れた土地で仕事を継続してしたいという人は中小規模の薬局が良いでしょう。
中小の薬局では、一人ひとりの薬剤師の方が責任を持った活躍ができます。
薬局に勤める人数が少なく、仕事に対する責任は重くなります。
そのため、一つの仕事の役割が大きく、大変やりがいがあります。

また、薬局のオーナーと距離が近いので、困りごとがあった場合伝えやすく、改善点があればすぐに改善してもらえるというメリットがあります。
薬学生が大学を卒業して、すぐに就職するには大手薬局のほうがいいです。
なぜなら、薬剤師に研修・教育プログラムなどが充実しているからです。
この点では中小薬局は劣っています。
薬剤師としてのスキルアップを望むことは難しいです。

大学卒業後は、スキルアップできる大企業に就職する方がベターです。
このことから、中小薬局は、薬剤師経験者向けともいえます。
また、大手に比べて、最新情報を取り入れにくいというのもデメリットです。
IT最新化には大手に完全に遅れをとっています。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜