HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 調剤薬局は昇給が少ないって本当?

調剤薬局は昇給が少ないって本当?

薬剤師Q&A

一般的に「薬剤師」のイメージは「高給取りで安心した職業」と言われています。
最近のアンケート調査で「親が子になってもらいたい職業」のベスト10にもランクインしています。
しかし「実際はそうでもない」と言うのが、薬剤師の本音のようです。

転職率の高さからもわかるように、転職の理由で多いとされるものは「人間関係」に並んで「収入への不満」が挙げられています。

「調剤薬局」の年収は、平均して400万円~600万円と言われています。
初任給としては、確かに一般のサラリーマンと比較してみると、かなり高い相場であると言えます。
ただ、問題はそれ以降の「昇給率が悪い」と言う事にあります。

一般企業の管理職に相当する「管理薬剤師」になれたとしても、管理職手当てとして支給される額は、年間100万円程度ですので、年収500万円としても、600万円と言う事になります。

6年制の薬科大を卒業して、国家試験を突破するまでには、かなりの「時間」と「費用」を費やすわけですから、それに対して「年収が低い」と感じる薬剤師が多いのも頷けます。

「パート・アルバイト」で比較すれば、調剤薬局の薬剤師パートの場合、時給は1200円~2000円が相場となっていますので、他の職種でアルバイトするよりは、充分な額だと思われます。
出産や育児で転職する際に、パート勤務に切り替えたとしても、短時間で収入を得られるので、女性にとってはありがたい資格でもあります。

ただ、男性薬剤師の場合、定年まで正社員として勤務する上に、結婚後は家族の為に収入を得る事を考えると、将来的に不安や不満が出てくるのは無理もありません。
その為、より「年収の高い職場」を探して転職をする事になるのです。

因みに、製薬会社のMR等は、年収700万円~1000万円と言われています。
その代り、多忙を極める事にもなりますので、どちらを選ぶかは、自分次第と言う事になります。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜