HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 薬剤師の研修や勉強会はどんなもの?

薬剤師の研修や勉強会はどんなもの?

薬剤師Q&A

薬剤師の研修内容は、薬剤全般についての講義と患者さんとのコミュニケーション、医療グループによる、在宅介護支援についてなど、医療全般についても学びます。
薬剤師研修は、実務経験1年以上たっていないと参加できません。
1年未満は、新入社員研修になります。

研修は講義だけでなく、認定薬剤師試験範囲、模擬試験が行なわれる場合もあります。
また、開催される年度によって、講義内容が異なり、新入社員フォローアップセミナー、在宅医療、難病医療費についてなど、薬剤についてだけでなく、連帯に必要な医療についての講義内容も多いです。
薬剤師として、効率の良い仕事の進め方、仕事に必要なもの、スキルを身につけておくと、役に立ち、便利なもの、薬剤師として基本的な知識からスキルアップできるものなど、薬剤師としてのあり方の説明もあります。

薬剤師研修に参加して、必要な単位を取得すると、研修認定薬剤師と認められ、薬剤師として、患者から、より厚い信頼感を得ることができます。
薬剤師免許を持つ人が高い資質を維持し仕事を遂行していくために、研修認定薬剤師制度は大変効果的です。

研修認定薬剤師になるには研修センターの研修を40単位取得する必要があります。
研修認定薬剤師手帳を申請し、研修を受講すると受講シールが渡されるので、手帳に貼り付けます。
40単位のシールが集まれば、認定手数料と手帳を提出し、研修認定薬剤師を申請します。
なお、研修認定薬剤師になった場合、3年ごとに更新手続きを行なう必要があります。

研修や勉強会を行うには、3パターンがあります。
企業が行なう研修は、ビデオやeラーニング、インターネット研修、薬局、企業内でのグループ研修、書籍、テレビ、インターネットによる自己研修、いずれの場合でも受講シールを取得できるので、自身に合った研修方法で、受講することができます。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜