HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > たばこを吸うと薬の効き目はどうなる?

たばこを吸うと薬の効き目はどうなる?

薬剤師Q&A

「喫煙は身体に害を及ぼす」と言う事は周知の事実ではありますが、「禁煙」が出来ない方も少なくありません。

服用する薬によっては、特別に「喫煙」に関する指示が出されていない場合が多いものの、「薬の効き目」に影響を及ぼしているのかどうか疑問に感じる方も中にはいらしゃる筈です。

「タバコ」は飲食物や薬とは違いますので、「飲み合せ」に関して特に注意が必要とはされない事が多いのですが、実は、「タバコの成分」と「薬の吸収・排泄」などには、大きな影響を及ぼす事があります。
「喫煙」する事で「薬」との「相乗効果」によって「効きすぎてしまう」または「効果が低下してしまう」と言恐れもあります。

「禁煙薬」や「喘息薬(テオフィリン)」等意外にも、喫煙によって「効果の減少」の恐れがある薬には「眠気防止薬・解熱鎮痛薬(アンチピリン)・降圧薬(プロプラノール)・不整脈を抑える薬(リドカイン)・抗うつ薬(イミプラミン・クロールプロマジン)」等があります。
これは、喫煙する事で、体内から薬の成分が通常よりも早く排泄されてしまう為に、効果が低下してしまうのです。
中には、全く関係ないように思われる「アセトアミノフェン」を含有した「風邪薬」も同様で、効果の減少が確認されています。

逆に喫煙による「効果の増強」を招く薬には「ワルファリンカリウム(血液が固まるのを防ぐ薬)・精神安定薬(ロラゼパン)」等が挙げられ、特に「ワルファリンカリウム(血液が固まるのを防ぐ薬)」に関しては、血液の凝固効果を防止する為の薬ですので、効果が増強する事で、「消化管出血・脳出血」等の、出血に関する重篤な症状を引き起こす可能性があります。

どうしても「喫煙」が止められないのであれば「喫煙後2時間以上」の感覚を開ければ「効果に影響は少ない」とされています。
しかし身体の為にも、出来れば「禁煙」をする事をお勧め致します。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜