HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 薬剤師の離職率は?

薬剤師の離職率は?

薬剤師Q&A

薬剤師の離職率が一番高いのが、ドラッグストアです。
仕事が忙しく、給料も高いですが、薬剤師以外の仕事をこなさなければなりません。
たとえは、レジ打ち、日用雑貨販売など、人とのコミュニケーションも必要なので、人と接するのが好きな人に向いています。
激務ですが時間的に都合がつきやすいので、短時間のパートやアルバイトにも向いています。

一般的に薬剤師は、たとえ離職しても就職口がみつかりやすいです。
厳密には、職場によって、かなり高い離職率のところもあれば低いところもあります。
だから、薬剤師の離職率は、職場環境によって差があります。

病院内薬局の薬剤師も離職率が高いです。
理由は、給料が低い割に、激務、複雑な人間関係だからです。
しかし、病院で積んだキャリアは、どこの職場に転職しても、薬剤師業務をこなすのに大いに役立ちます。
薬局、薬店、調剤薬局は離職率が低く目、給料はドラッグストアと病院の中間あたりで、まずまず満足できる金額です。

長い目で見ると、病院、調剤薬局、製菓メーカー、食品メーカ-、製薬会社に就職する方が離職率はドラッグストアより低く、薬剤師としての業務もこなしていけるのでよいです。
ドラッグストアに就職した場合、薬剤師以外の仕事もこなさなければなりません。
場合によっては洗剤の箱、ペットボトルドリンクなど、重たい日用品を運び、陳列するという作業までこなさなければならず、年齢が若いときは良いですが、継続して勤めるには難しいものがあります。

薬剤師の転職率は、どんな職場でも一般的に高めですが、決して不安定な職だからというわけではありません。
離職率が高いと同時に転職率も高いです。
また、様々な薬についても学びたいといって、3年くらいで薬局を変わるというのも常です。
一つの薬局に勤めると、そこの薬局の薬には詳しくなれても、他の薬局の薬の情報を知ることはできません。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜