HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 薬剤師の年収が決まるポイントは?

薬剤師の年収が決まるポイントは?

薬剤師Q&A

薬剤師の年収が決まるポイントは一般職と同じで、その人のスキル、勤続年数、年齢によって決まります。
給料が良い地方の薬局に転職しさえすれば、年収が良くなるというわけでもありません。
実際、職場によって年収の差は大きく、働く場所によっても違ってくるので、年収が決まるポイントは職場も入ります。

一般的に薬剤師といってもスキル自体、さまざまです。調剤薬局ではくすりの調合、ドラッグストアでは、薬の販売・アドバイス兼日用品の販売、あるいは病院や製薬会社の研究職、調剤、ドラッグストアなど、薬剤師が持っているスキルによって、年収にかなり開きがあります。

薬剤師の研究職は段階的な昇給、年収ともに金額はトップです。
管理職クラスになると、年収1千万円以上にもなります。

薬剤師として、すぐにでも年収を上げたい場合は、地方の薬局に就職するという方法があります。
都市部の調剤薬剤師の年収は、400万円くらいですが地方部は600万円以上もあります。

薬剤師の場合、年収が決まるポイントは、厳密にいうとスキルです。
また、薬剤の年収は、需要と供給で決まるといわれていますが、どんな職業にもいえることなので、少し紛らわしい表現です。
この需要と供給のバランスでいうと、今後の高齢化社会を考えると、薬剤師の需要が高まり、薬剤師を必要としている企業が増えるはずが、実際減っているので、年収額は増える見込みがないことになります。

いつの時代でもそうですが、スキルを持っている人は需要と供給のバランスはあまり関係ありません。
スキルをもっている人は歓迎され、不況にかかわらず、年収額は増えます。
よって年収額が決まるポイントは、最終的にはスキルです。

■薬剤師の年収が決まるポイント/経験、スキル

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜