HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > パート薬剤師の有給について

パート薬剤師の有給について

薬剤師Q&A

「有給休暇」とは「労働者が、休むことで疲労回復をし、再度働く活力を養う事が目的」とされています。
更に、その休暇については「給料をもらった上で、希望する日」に休む事が可能な制度とされています。
基本的には「条件さえ満たせばどのような雇用形態でも与えられる労働者の権利」(労働基準法39条)とされ、「正社員・パート・アルバイト」または「契約社員」「派遣社員」等雇用形態に関わらず、権利が与えられているのです。

条件は「継続した勤務で6か月」経過した労働者に対して、労働日数が全労働日数の「8割以上勤務」していれば、付与される事になります。

例えば「週5日以上」または「30時間以上」の勤務をしている場合で、継続勤務が6ヶ月を経過した場合「10日間」1年6ヶ月経過した場合で「11日間」と計算され、最高で20日間とされます。

パートの場合、正社員より働く時間や日数が少ないことから、これに当てはまらないと思いがちですが、実は「働く時間が短いパート」に対しては「パート向けの基準」も存在します。

ただ、雇用主によっては、パートの契約期間を「3ヶ月ごとの更新」として、数日間の休暇を入れた後、次の更新をする場合もあり、その際に有給休暇の権利が、事実上消滅してしまいます。
本来は「実態が6ヶ月以上」勤務していれば、有給休暇の権利が発生する事を、覚えておくと良いでしょう。

「トラブルを無くしたい」と思うのであれば、面接の際に「有給休暇」の取得に関しては、きちんと、確認を取る事も必要です。
周りが、有給休暇を取得していない場合、やはり雰囲気的に取りづらい場合もあります。
逆に職場によっては「有給休暇」を積極的に取得するよう勧めている所もあります。

雇用条件・有給休暇の制度等、働く上で必要な事は、必ず最初に確認しておくことで、損をすることなく、働き続ける事が可能です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜