HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 禁煙できる薬はある?

禁煙できる薬はある?

薬剤師Q&A

現在の禁煙ブームの中、大半の場所は禁煙もしくは分煙化されています。
喫煙者にとっては非常に肩身の狭い部分ではありますが、やはり禁煙する事は、今後の健康維持にも決して悪い事ではありません。

「禁煙をしたいけど中々出来ない」と言う喫煙者も徐々に増えつつあり、この様な背景の中、競って製薬会社では「禁煙補助薬」の開発に乗り出しています。

一番最初に「スイッチ医薬品」として販売されたものは、添付タイプの禁煙補助薬で、「ノバルティスファーマ」が開発販売した「ニコチネルパッチ」です。その他にも、様々な会社から販売されていて、全国の薬局やドラッグストアで販売されています。

このタイプの「添付型禁煙補助薬」にはニコチンが含有され、1日1回1枚を腕等の目立たない場所へ「起床時に添付し、就寝前にはがす」という使い方も簡単で、手軽に行うことが出来ます。
添付する事で、皮膚から直接ニコチンを摂取している状態なので、ニコチンが切れた「イライラ・集中困難」等の落ち着かない症状を軽減させる効果が期待できます。
この他にも、吸いたくなったら噛む事が出きる、ガムタイプの禁煙補助薬も販売されています。こちらは、口寂しさや、食後の喫煙が習慣化している方の場合には特に向いているかもしれません。

飲み薬としての禁煙補助薬には、ニコチンが含まれていませんので、ニコチン依存度が強い方には特に効果が期待でき、更にタバコをおいしいと感じにくくすると言う効果もあります。

これらは、薬局やドラッグストアでも販売されていますので、根気強い方であれば充分禁煙に成功する事は可能です。
しかし、意思が弱く、「続ける自信が無い」と言う方であれば、保険も利用出来る、病院の「禁煙外来」を利用するのも一つの方法として有効な手段でもあります。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜