HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 薬剤師に接客スキルは必要?

薬剤師に接客スキルは必要?

薬剤師Q&A

「調剤薬局」の薬剤師や「ドラッグストア」の薬剤師は、ある意味「接客業」に分類されると考えられます。
万一「調剤薬局」へ処方せんを出した際に、不愛想な薬剤師、または態度が悪い薬剤師に当たってしまった患者様は、非常に気分を害してしまう場合や、薬局への不安感から、せっかくの治療の為のお薬を拒否してしまうこともあります。
また「ドラッグストア」の薬剤師においては「ドラッグストア」と言う販売業の正社員・パートとなるわけですから、接客は大切な仕事です。

薬剤師に必要なものは「コミュニケーション能力」と言われていますが、これは言い換えれば「接客のスキル」でもあります。
丁寧に患者様、またはお客様に「寄り添う気持ち」は薬剤師にとっての基本です。
薬剤師の仕事は「調剤業務」と「服薬指導」のみと思われがちですが、決してそうではありません。
医薬品を提供する以上、その医薬品によって、患者様やお客様が適切な治療のもとで元気に回復する事を前提に仕事を行わなければなりません。
その為にはまず、患者様やお客様に心を開いて頂いた上で信頼をしてもらう事が、適切な「服薬指導・医薬品情報の提供」及び「治療」に効果を発揮するのです。

「接客のスキル」とは、言わば「人間関係のマナー」でもあります。
「薬剤師」以外にも「医師・看護師」と言った医療従事者は、専門的な職業なので、一般的に「威圧感」を覚える方もいらっしゃいます。
特に薬剤師は直接患者様と対面で会話をし、患者様の状況を確認していく訳ですから「同じ目線」に立つ事が必要です。
「同じ目線」とは「薬剤師」としての奢りや、プライドを捨てる事にあります。
立場上、専門知識を有するが上に、口調が強くなってしまう場合や、相手を見下している事はありませんか?
今一度自分の「接客態度」を改めて、考え直す事も薬剤師の仕事の一つです。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜