HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 好条件の求人は怪しい?

好条件の求人は怪しい?

薬剤師Q&A

薬剤師に限らず、求人の労働条件が良いものには気をつけましょう。
実際に入ってから、労働条件に大分違いがあったという話もあるからです。
勤めた後で、求人広告の条件とは違っていたということは良くあります。
また、求人には、そのようなことは書かれていなかったという場合もあります。

人が飛びつきそうな好条件案件には、このようなことが多いので、あまりの好条件案件には気をつける必要があります。
好条件のトップは給料額です。
求人広告に提示されている給料額にはどのようなものが含まれているのかをチェックする必要があります。

金額が高い場合、交通費自己負担、残業代が含まれていたりする場合があります。
そのようなことを計算に入れると、結局、それ程給料が高くないことに気づきます。
手取り額なのか総支給なのかをチェックしましょう。

給料が高く、残業なしという、薬剤師にとって嬉しい求人には気をつけてください。
残業があるのに、ないという求人広告を出している場合が多いです。
しかも、給料に残業代が含まれている場合が多いです

一見して給料が良い求人には裏があります。
好条件案件が多いといえば、ネットの転職サイトの非公開求人がありますが、かなり高いレベルのスキルが要求されることもあるので、スムーズに行かないこともあります。

中でも製薬会社は、初任給は低いですが、昇給、賞与もあり、年収好条件の求人案件が多いです。
しかし、残業手当がつかない会社が多いです。
男性の場合、営業職だと営業手当は支給され、収入アップも見込むことが出来ますが、全国規模でビジネス展開している会社は、地方出張、海外出張も多く、それに伴うコストを考えると、求人の好条件は決して良いとは言えません。

■好条件求人の注意点/給料に含まれる手当て、残業の有無など、

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜