HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 管理薬剤師は忙しい?

管理薬剤師は忙しい?

薬剤師Q&A

薬剤師として「年収をあげたい」と言う場合に、目標とするのは「管理薬剤師」と言う方が多くいらっしゃいます。
しかし、実際は「管理薬剤師」になってはみたものの、あまりの忙しさから、精神的にも身体的にもストレスを感じ悩む薬剤師も多く見られます。

では、実際「管理薬剤師」と言う業務はどのような内容なのでしょうか。

薬事法によって、医薬品を取り扱う業務の場合1店舗に必ず1人責任者を設置するよう義務付けられています。
これが「管理薬剤師」です。
「管理薬剤師」になる為の資格はいりませんが、通常は、雇用主の判断で「責任を持って管理できる薬剤師」を任命しています。
前提としては「薬剤師として3年以上の実務経験」がある事が望ましいと言われています。
その為、適性のある薬剤師として判断される基準は「経験」や「知識」は勿論「人からの信頼度」「リーダーシップ」「真面目さ」等が挙げられています。
どちらにしても「責任者」として認められる事は、嫌な事ではありません。

「管理薬剤師」の業務内容は、通常の「調剤・服薬指導」の他に、医薬品の適切な保管や、在庫管理を目的とした「医薬品管理」薬剤師や従業員が適切な業務を行い、服薬指導を行っているかどうかを指導する「従業員教育」があります。
その他「店舗管理」や、法律に基づいた「陳列管理」「データ収集・行政対応」等が含まれています。

これだけ見ても、通常の薬剤師よりも遥に多い仕事量である事は言うまでもありません。
それでも、中には上手にこれだけの仕事量をこなしてしまう「管理薬剤師」はたくさんいらっしゃいます。

確かに「激務」かもしれませんが、「やりがい」と言う部分で、頑張っている薬剤師がいらっしゃるのも事実です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜