HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 病院・薬局では薬剤師の配置基準が設定されてる?

病院・薬局では薬剤師の配置基準が設定されてる?

薬剤師Q&A

1998年に改正された「医療法施行規則」には、新たな基準として「薬剤師の配置基準」について定められています。 「薬剤師の配置基準」とは、病院や調剤薬局の規模に対しての「勤務薬剤師」の人数に関して「最低基準設定」を示す指標の事です。 病院や薬局において、この「配置基準」を満たされていない場合、営業が出来なくなる恐れもある重要な規則です。

以前までの薬剤師の配置基準は「調剤数80につき薬剤師1名」とされていました。しかし現在は調剤技術の進歩と共に、服薬指導・薬歴の管理、病棟業務の拡大等、薬剤師を取り巻く環境の変化に対応する為にも、薬剤師の業務が急激に増大されてきました。 こういった状況の中「それに見合った薬剤師の配置を改めるべきである」と言う指摘により、明確な基準として「入院患者数と外来患者の処方箋数」による基準が新たに設けられました。

国により定められた「薬剤師の配置基準」の内容は

「病院の場合」 ・外来患者の場合は、患者さんの処方箋数75枚につき1名の薬剤師を配置 ・入院病棟の場合は、患者さん70名につき1名の薬剤師を配置 (精神病院などでは150名の患者さんにつき1名の薬剤師) 「調剤薬局の場合」 ・1日の処方箋数40枚につき1名の薬剤師を配置

と、具体的な内容で定められています。

医薬分業による院外処方の増加により薬剤師の需要も益々増加しています。 一方、病院薬剤師の業務は今までと変わらず、調剤以外の様々な薬剤師業務が有る為、病院勤務の薬剤師の負担の増加は否めません。

定められた配置基準によって満たされている筈の薬剤師の定員数ですが、業務そのものの増加で事実上はまだまだ「薬剤師不足」の状況は脱していないのが現状と言えるでしょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜