HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ジェネリック医薬品は勧めるべき?

ジェネリック医薬品は勧めるべき?

薬剤師Q&A

「ジェネリック医薬品」が初めて世に現れた時は、「価格が安い」=「効き目が悪い」と思われがちでしたが、現在は患者様の方から「ジェネリック医薬品」を求められる方が増えてきています。

そもそも「ジェネリック医薬品」とは「後発医薬品」の事で、最初に「先発医薬品(新薬)」として使用されてきた薬の特許期間が切れた事で、他の医薬品メーカーによって「製造・販売」されているお薬の事です。
厚生労働省においても「先発医薬品と同じ有効成分を同量含んでおり、(先発医薬品と)同等の効能や効果が得られる」と認められた医薬品ですので、薬の中に含まれる基本的な成分構造は先発医薬品と代わり無く、効果の点で心配する必要はほとんどありません。

ただ、最初に販売したメーカーは全ての製造工程の開示の義務は有りませんので、医薬品のコーティング剤や凝固剤、形状等は、ジェネリックを製造する企業によって多少異なってきます。
その為、中にはコーティング剤や凝固剤・カプセル等の原材料によってアレルギー反応を起こす可能性がある事もありますのでその点は薬剤師が十分注意すべき点でもあります。

ジェネリック医薬品の場合、新薬開発時に比べて莫大な費用が掛かっていない事もあり、お薬そのものの価格は先発医薬品に比べて3割~5割程度安く抑えられるのが利点とも言えるでしょう。

これらの事を含めても、ジェネリック医薬品を患者様へお勧めし普及する事は、患者様個人の負担を軽減させるばかりでは無く、国の財政・健康保険組合の負担等も削減させることができます。結果的には、今後の高齢化社会の進展により増大するであろう「国民医療費の抑制」に繋げる事も可能なのです。

「ジェネリック医薬品をお勧めする」と言う事は、今後の医療費削減にも繋がる大きな事業の一端を担っている事を良く覚えておきましょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜