HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 薬剤師は副業NG?

薬剤師は副業NG?

薬剤師Q&A

基本的に薬剤師の副業は法律では禁止されてはいません。
ただ「管理薬剤師」に限っては、他の店舗との「兼任」は禁止されていますので、副業をする場合は、副業先での業務において「管理薬剤師」でなければ、その範囲内になります。

問題は、本業である「薬剤師」の勤務先で「副業を認めているかどうか」と言う事になります。

薬剤師の年収は、400万円から600万円程度と言われていますが、昇給率の悪さから、収入を上げる為に「副業」をしたいと思っている薬剤師も少なくありません。

薬剤師業務の場合、人命を預かる以上、ミスは許されません。
その為「業務に集中して欲しい」と言う理由から、調剤薬局などの雇用主は、基本的に「副業」を禁止している場合が殆どです。

副業をする事で、精神的にも身体的にも疲れている状態で、調剤業務を行う事はたいへん危険な行為です。
患者様の命に係わる業務である事を、きちんと認識しておかなければいけません。

もし、自分自身で「体力的にも大丈夫である」と確信し、なおかつ、本業の勤務先でも許可が出た場合に限っては、本業に差支えの無い程度に副業をしてみるのも良いかもしれません。

通常は「病院」や「調剤薬局」で勤務している場合「ドラッグストア」等の仕事であれば「パート・アルバイト」で業務終了後の夕方から働く事も可能です。
「ドラッグストア」の場合、扱っている商品は、医薬品ばかりでは無く、生活雑貨や食品もありますので、それらの商品陳列や整理も仕事となる為、体力的には少々きついかもしれません。

「医療ライター」等の簡単な「在宅ワーク」もあります。
ただし、「在宅ワーク」は体力的には問題ありませんが、収入はあまり期待できません。

「薬剤師」として収入をあげたいのであれば「副業」を考えるよりも、自分自身のスキルアップに時間を費やし、昇給する事を考えるか、思い切って転職してみる事も一つの方法です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜