HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 転職コンサルタントにどの程度情報を言うべき?

転職コンサルタントにどの程度情報を言うべき?

薬剤師Q&A

良い求人をたくさんの情報から選ぶ為にも「転職支援会社」や「転職コンサルタント」を利用する事は、有効な転職活動と言えるでしょう。

「転職コンサルタント」は、親身になって「転職支援」を行ってくれます。
その為、自分が希望する「待遇・条件・勤務地・職種・職場環境」を細かく話す必要があります。
ですから、出来るだけ詳細に伝える事でより確かな情報提供をして頂けるというわけです。

しかし中には、話したくない事もあるかもしれません。
一番多い内容としては「転職回数」です。
確かに、自分に不利益になる情報は、「履歴書には記載しなくても良い」とはされていますが、「転職コンサルタント」には、自分の情報としてきちんと話をする方が今後のためにも良いでしょう。

転職回数が多い事が不利である事は、コンサルタントとしても十分理解しています。
その上で、転職の理由を詳細に知る事で、逆に「なぜ転職しなければならなかったのか」を解明してくれます。

中には「仕事そのものが不向きであった」と言う場合もあります。
ある薬剤師の話ですが、「今まで調剤薬局だけを転職してきたので、今回も調剤薬局で探したい」と相談したところ、それぞれの職場を転職した理由をまず聞かれたそうです。
その上で「仕事の中で何に興味がありましたか」「得意な事はどんなことですか」と色々質問されたそうです。
しかし、それは「本当に合った仕事をする為の能力」を引き出す事で、勧められる求人を探そうとしてくださったからだそうです。
結局、最終的にその薬剤師の合っている職種として、企業の「学術部門」を紹介され、現在は長く勤務しているそうです。

このように、自分の情報を少しでも多く話す事で、自分も知らない「薬剤師としての能力」を見つけ出してくれる可能性があります。

コンサルタントは、決して個人情報を漏洩するようなことは有りませんので、安心して相談してみる事をお勧めします。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜