HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 薬剤師転職の競争率は?

薬剤師転職の競争率は?

薬剤師Q&A

せっかく取得した「薬剤師資格」ですが、特に女性の場合「結婚・出産・育児」と言うライフスタイルの変化によって、一旦は薬剤師を離職されるケースも珍しくありません。
その為、いざ「再就職」と言った場合、気になるのは「薬剤師転職の競争率」です。

当然「競争率」の高い職場でしたら、中々採用されず、諦めモードになりがちですが、薬剤師全体の求人は、それ程少ないという訳ではありません。
むしろ、現在の「医薬分業」や「薬学部の4年制から6年制」の移行によって起こった「空白の2年間」の影響で、薬剤師そのものは「売り手市場」とされています。

ただ、「自分のなりたい職種」と「求人数が多い職種」とでは異なると言う事は心に留めて、転職・再就職活動を行わなければなりません。

一番求人数が多い職種は「調剤薬局薬剤師」です。
大手の調剤薬局チェーンだけでは無く、中小の調剤薬局も、益々増えていますので、薬剤師であれば、ある程度採用される可能性は大きいと言えます。

それに対し、「病院薬剤師」に関しては、特に人気のある「急性期病院」においては、新卒を採用する傾向が大きい為、中途採用の求人数は少なく、空きが出ない限りは、まず難しいと言えるでしょう。

「ブランク」に関して、不安が有る場合でも「ブランク有り・未経験者可」と言う求人も数多く見受けられます。
そういった職場には、きちんとした研修制度も用意されていますので、スムーズに勤務する事が可能です。

ただ「難しい」または「競争率が高い」とされるものには、製薬会社の「MR(医薬品情報担当者)」や「学術部門」等の、知識や経験が必要とされる職種に関しては、難関とされています。

出来るだけ「競争率」が低くて、自分の力量に合った求人を探したいのであれば、「転職支援サイト」等に登録して、専門のコンサルタントに相談してみるのも一つの方法です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜