HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 薬剤師の活躍場所|在宅医療と心のケア

薬剤師の活躍場所|在宅医療と心のケア

ブログ
写真:お年寄り

ライター:ジェンティルドンナ

写真:お年寄り

現在、「超高齢化社会」を迎えた日本において、多くの高齢者は、在宅での治療をしているのが現状です。
本来なら入院する事で治療を受ける状況の患者さんであっても、病棟の都合により、ある程度快方に向かった時点で在宅医療へと切り替える場合が多くあります。

薬剤師不在で治療の遅れを招くことも

その際病棟治療では、医師・看護師・薬剤師の連携で行われていた治療が、在宅になることで、薬剤師不在の状態で療養生活が始まることは珍しくありません。
その為、「服薬に対する不安」や「残薬の管理」等が疎かになる事で、治療が進まないケースもあります。

より質の高い医療に薬剤師の存在はかかせない

「在宅医療」は、「医師・看護師・ケアマネージャー」は勿論、薬の専門家としての「薬剤師」の存在は欠かせないものになっています。
これらそれぞれの業務が連携する事で、安心と地域に根付いた在宅医療が可能となるのです。
「在宅医療」の場合、「病気の治療」だけではなく、患者さんや、家族の方の「心と生活のケア」をしていくことも重要な課題です。

在宅医療に薬剤師が必要な理由

薬の画像

更に現在、薬剤師を必要とする理由の一つとして「終末期医療における疼痛緩和ケア」をするうえで、「医療用麻薬」を使用する事が必要となるからです。
これらの医薬品は、極めて取扱いが難しい薬品なので「服薬と廃棄等の方法」を指導する為にも、薬剤師と言う「役割と責任」が必要とされているのです。
また、医薬品に関しては「服薬と薬品の管理」と言う点では在宅医療において難しい問題となっています。

患者と家族の心のケアも薬剤師の仕事

薬剤師として「服薬状況」を把握する事が病気の治療には必要となります。
在宅医療を受ける本人が、薬の服用を拒否しているケースもあるので、「なぜ服薬をしないのか」理由を探り当て、「薬についての説明」を丁寧にすることと、服薬しやすい形状での薬の処方を医師に提案していくことで、患者さん本人の安心感と、病気そのものの治療にも繋がって行くのです。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜