HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 薬剤師が職場に求めている事は?高収入の裏の顔

薬剤師が職場に求めている事は?高収入の裏の顔

ブログ

ライター:ジェンティルドンナ

薬剤師の国家資格は長い道のり

薬剤師」は誰もがすぐになれる職業ではありません。
「薬剤師」になる為には、大学の「薬学部」で学び「薬剤師の国家資格」を取得しなければなりません。
国家資格を取得するまでの時間と労力を考えると、やはり、どの薬剤師の方も「仕事へのやりがい」を求めて「薬剤師」の仕事に就いています。

また、特に「女性薬剤師」の場合は、結婚や出産で環境が変わることで、職場への「労働時間」や「休日」に関する希望が多く出てくるようです。

やりがいをもとめて転職する人が多い

ノート

なぜ、「薬剤師の転職率が高いのか」と言う点で、理由の一つとして、「現在の職場でのやりがいを感じなくなってしまった」と言う事が多く聞かれます。
その一因としてあげられるものは、「仕事の内容と年収のバランス」があるようです。

「薬剤師」の仕事は、他人から見ると「内勤で、給与も良くて羨ましい」と思われがちですが、実際は、長時間労働や残業を強いられることも多く、やむを得ない休日出勤もありますので、かなりハードな職業でもあるのです。

正社員や契約社員の平均月給を見てみると、他の職種よりもかなり高額とは思われますが、
「薬剤師の資格手当」の3~5万円を含んでも、平均して「保険薬局勤務」で23~25万円、「病院勤務」で20~23万円程度となっています。
年収にすると、約600万円程度となりますので高額に思われるのですが、ハードな仕事内容とこの年収は、「釣り合っていない」と言うのが現状です。
他の職種に比べても、昇進する確率が極めて少ない上に、「仕事の内容に変化がない」と言った不満から「やりがいを見出す」と言う事が難しくなってしまうようです。

ストレスレスな職場を求めるなら転職!

緑

薬剤師を取り巻く環境は、「周りとの協調性」が求められる事もあり、かなりのストレスがかかっている事も事実です。

「薬剤師の求める職場」とは、そういった問題を「一つずつ解決してくれ、ケアしてくれる職場」と言う事になるのでしょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜