HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 薬剤師のための意見交換や勉強会、現場復帰のサポートにもなる「薬学の通信講座」って?

薬剤師のための意見交換や勉強会、現場復帰のサポートにもなる「薬学の通信講座」って?

ブログ
勉強

ライター:RAY

「薬学の通信講座」って何のためにするの?

「薬学の通信講座」とは、基本的に「薬剤師国家試験」に合格した「薬剤師」の為の講座で、「これから薬剤師の資格を取得したい」と言う方の受講する物ではありません。

あくまでも、「薬剤師国家試験」の受験資格は「6年制大学の薬学部卒業」が必須です。 通信教育では、その資格を得る事は出来ません。

「薬学の通信講座」は、薬剤師としての勉強を続ける事で、より薬に対する知識を深める事が目的です。

勉強

また、新しい知識や情報を提供する場であり、更には、一時的に出産や育児で現場を離れていた薬剤師の復帰をサポートする為の物でもあります。

多くの「通信講座」では主に、実際の現場で活躍をしている「医学や薬学の専門家」がテキストの作成に参加しています。
常に最新の情報を配信し、現場の業務に当たる為の必要な臨床の学習を効率良く行う事が出来るようになっているのです。

薬剤師の復職や医療事務の方の勉強のためにもなる

大半が「スクーリングによる通学学習」を内容に盛り込んでいるので「様々な人達との意見交換・グループディスカッションを行う場」とした「参加型演習」を実施しています。

グループ学習

長い間現場から離れていた薬剤師や薬剤師として悩みを抱える方にも、不安を取り除き、「最先端の情報」に触れ安心する役目を果たしています。

また、「薬剤師資格」を得る事は出来ませんが、薬局事務や医療事務の方も、現場に必要な薬の知識を得ることで、薬剤師のサポートをする事が可能となります。

現在は「独居老人」「高齢者だけの家族」の増加で、地域による医療サポートが広まりつつあります。
これからは「患者の居宅へ出かけていく薬剤師」も必要となってくる事でしょう。

しかし今まで処方箋薬局だけで調剤を行っていた薬剤師にとって、在宅ケアに参加する事はとても不安な事でもあります。
その為にもより薬の知識や在宅サポートの勉強をする事は大変必要な事となって行きます。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜