HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 薬剤師のための「正しい」履歴書の書き方教えます

薬剤師のための「正しい」履歴書の書き方教えます

ブログ
履歴書

ライター:ジェンティルドンナ

転職や就職において履歴書の提出は必ず求められます。
初歩的な書き方を誤って理解していることもありますから、履歴書を制作する前の心構えを確認しておきましょう。

今回の記事内容は「薬剤師のための履歴書の書き方」です。

はじめに言っておきます。

「うっかり誤字脱字が多い」
「昔から文章にまとめるのが苦手」

という人は決して自分を信じないほうがいいです!

下書き段階で必ず他人に見てもらい、誤字脱字チェックや意見をもらうようにしましょう。
できれば先輩や信頼できる元上司など自分より上の立場ではっきり意見を言ってくれる人が良いです。

もしくは、素直に転職サービスのカウンセラー(コンサルタント)さんを頼りましょう。

彼らはプロですし、仕事なのでチェックも厳しく、無料で惜しみなく効果的な履歴書の書き方のアドバイスをくれます。

薬剤師向け履歴書記入ポイント

履歴書

1.日付

・郵送する場合⇒ポストに投函する日付を記入。
・持参する場合⇒提出日か前日の日付を記入。
・履歴書全体で西暦か元号表記かを統一しましょう。

2.写真

・スナップ写真、スピード写真は避けましょう。
好印象を与える表情、清潔感のある髪型、服装はスーツを着用します。
・万が一はがれてしまったことを考え、写真の裏には必ず名前等を記入しましょう。
・書き損じることもあるので、写真は最後に貼るのががオススメです。

3.現住所・連絡先・電話番号

・「ふりがな」はひらがなで記載し、「フリガナ」はカタカナで記載します。
・年齢は送付時の年齢を記入します。
住所は都道府県から省略せずに記入し、アパート名なども忘れずに記入しましょう。
・電話番号は、日中連絡が取りやすいものを記載しましょう。
・自宅に固定電話がない場合は携帯電話のみでも問題ありません。
・メールアドレスは会社用アドレスは控えるようにしましょう。

4.学歴

・履歴書で必要とされる学歴は、原則として最終学歴の一つ前の学歴から記載します。
・学校名は、省略せず正式名称で記載し、「高校」ではなく「高等学校」と書きます。

5.職歴

・時系列に記載し、会社名は略さず正式名称で記載します。
・会社名の横か次の行に業種と従業員数を書き、簡単な職務内容も記入しましょう。
・異動などで部署が変わっている場合、その部署名・異動年月も記入します。
・転職回数が多くても全て記載します。
・退職理由は、自己都合の場合は「一身上の都合により退職」とます。
・会社都合の場合は「会社都合により退職」するのが一般的です。
・最終行に「現在に至る」と記入し、その下の行に右寄せで「以上」と記入して締めくくります。

6.免許・資格

・資格は正式名称で記入します。
薬剤師免許の取得年は必ず記入します。
・薬学生の方は取得予定と記入してください。
・認定薬剤師やケアマネージャー等、応募職種で生かせる資格があれば記載しましょう。

7.趣味

・面接で話題になったり、人柄を判断されることもあるので、空欄にはしないようにしましょう。
・採用担当者が懸念を抱くような趣味(ギャンブル・風俗など)は控えるのが無難です。

8.志望理由

・求人情報や、会社のホームページ等で、自分の働き方や考え方に合っている部分を見つけると書きやすくなります。
「貴社の○○に魅力を感じて」等の具体性のある言葉を入れると、入社したい意欲が感じられ、より説得力が出ます。
・過去の職務経歴から、応募企業で貢献できることを念頭に作成しましょう。

9.本人希望

・原則は「貴社規定に従います」と記載します。
・勤務地、勤務時間、入社日に希望があれば記入します。
・募集職種が複数ある場合は、希望の職種を書くようにします。
・勤務時間の制限がある場合は、「現在態勢を整えるべく努力している」等を記入しておきましょう。

まとめ

ペン

履歴書を正しく記入しているかどうかで、あなたに抱く印象が変わることもあります。
基本のポイントを押さえ、書類選考を突破し、面接官に「会いたい!」と思わせる履歴書を作成しましょう!

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜