HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 「英語は必要無い」は嘘?求めているのは英語力のある薬剤師

「英語は必要無い」は嘘?求めているのは英語力のある薬剤師

ブログ
写真:外国人の子どもたち

ライター:RAY

「英語は地球語。どんな仕事をするにも覚えといて損はない。」

語学力、特に英語力というのはあるにこしたことはありません!

ヘタにマイナーな資格よりもどこへ行っても使える特技です。

海外旅行も気軽に行ける上、外国人の方が多く訪れる日本なので
日常生活でも英語を使う機会は増えましたよね。

近年グローバル化の進む日本では、
どんな企業でもある程度の英語は必須項目になりつつあります。

大手企業では特に、英語力のある人材を求める傾向にあります。

そしてそれは実は薬剤師にもいえることなんです。

資格の試験科目でないからこそ差がつく「英語力」

薬剤師のスタートライン、薬学部に入学するためには英語は必須科目です。

しかし、厚生労働省が定めている薬剤師の試験科目には英語はありません。

写真:勉強中の男性

実は、薬剤師のとして業務をこなすだけなら医療用語としての英語はあっても
特に英会話などの英語力が必要というわけではありません。

だからこそ、就職や転職の際は武器になるのです!

それでは、薬剤師において英語力は重要だという理由を
2つの視点からあげてみましょう。

医療の勉強には英語はつきもの

薬剤師という職業は、資格を取得し
就職をしてからも勉強の日々です。

特に病院の薬剤師は、勤務時間外でも研修会や勉強会に参加し
より最新の医療を活かせるように自ら学ぶのが当たり前という世界です。

その際の医療に関する論文や研究の資料などは日本訳されていないものも多いということ。

というのも、最新の医療に関する情報というものは
英語の論文で発表された後に 数カ月~数年してから翻訳されたものが国内に出回るそうです。

日本語しか理解できない場合は 数か月、
または数年遅れの情報しか見ることができないというわけです。

写真:古びた本

これでは進歩する医学会ではついていけなくなってしまいます。

日常業務に支障はでなくとも、向上心を持って薬学を学び続けるということでしたら 英語は必須といえます。

薬剤師に「英語」を求める現場が増えてきた

勉強のためだけでなくとも、
実際薬剤師の求人で「英語力」のある人材を求める案件は増大傾向にあります。

なかでも特に英語力を重要視している職場を探ってみました。

  • 1 外資系の製薬企業
  • 2 外国人が多い地区のドラッグストアや調剤薬局
  • 3 医療専門出版社の医療文献の翻訳(ライター)業務

1の場合は、メール・電話・同僚とのコミュニケーションなど
日々の業務の中で英語が必須になります。

2の場合は、日本へ出張や観光で訪れた外国人の方が薬をもらいに来た場合に
きちんとした薬の知識を持った薬剤師が直接英語で用法の説明をすることができる
といったメリットがあります。

3の場合は、いわずもがなですが
英会話のみならず英語の論文を理解する読解力も必要です。

 

いかがでしょうか?
「あるにこしたことはない」の意味はお分かりいただけたと思います。

せっかく受験のために勉強した英語。

そのまま風化させないで、
薬剤師としてのスキルアップためにも今!英語力を磨いていくことをおすすめします。

写真:外国人男性

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜