HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 主婦薬剤師・ママさん薬剤師が働くホンネとこれからの働き方

主婦薬剤師・ママさん薬剤師が働くホンネとこれからの働き方

ブログ

ライター:RAY

薬剤師免許は国家資格なので一生ものです。

薬剤師は女性が約6割、なかでも40代女性の割合が最も多い職業なので(※)既婚者も多くいます。

意外かもしれませんが、結婚後転職して仕事を続けている主婦や、子育てが一段落して職場復帰するママさん薬剤師も少なくはないんです。

※平成28年 厚生労働省調べ

主婦は薬剤師になれるのか?

薬局で話をする主婦薬剤師

  • ● 主婦・社会人になってから薬剤師を目指したいのか
  • ● 薬剤師資格を持つ主婦が薬剤師として働きたいのか

この場合どちらなのかによって話が大きく変わるのですが、今回は後者「薬剤師資格がある主婦が薬剤師として働く悩み」について詳しく書いていこうと思います!

ちなみに…主婦や社会人になってからでも薬剤師を目指すのは可能?

エプロン姿で悩む主婦

もちろん、前者も不可能ではありません。実際に社会人になってから薬学部を受験して、薬剤師の国家資格を取得している薬剤師さんもいます。

しかし、並の努力では薬剤師資格取得はおろか薬学部を卒業することも難しいということだけは覚えておいていただきたいです。

薬剤師になるには6年生大学の薬学部を卒業し、薬剤師免許の国家試験に受かる必要があります。

  • 【学費】私大の場合は約1,000万円以上
  • 【時間】薬学部は必須科目、レポート、実験など多忙なことで有名
  • 【学力】国家試験取得以前に、何年も留年する学生も多い

その他にも家族の理解や、周りはみんな年下の学生という環境になじめるか、など人間関係の問題もあります。

特に子供がいる主婦の場合、家事や育児を優先するあまり勉強する時間が取れず、追試や留年になってしまうという話も。

主婦だって社会人だって「薬剤師になりたい」という想いにチャレンジするのは素晴らしいこと。しかし、主婦が今から薬剤師になるには相応の覚悟・お金・時間は他の職業に比べても多く必要になるということは知っておきましょう!

薬剤師資格を持つ専業主婦は意外と多い

ホームパーティをする主婦たち

一方で、薬剤師の資格がありながらも薬剤師として勤務しておらず、専業主婦として過ごす人も。

「結婚しても薬剤師を続けたい」「また薬剤師として現場復帰したい」という想いとは裏腹に

「仕事は続けたいけど、ハードな病院勤務は続けられなそう」
「子供がいる主婦薬剤師の転職は難しいのかな」
「調剤がしたいけど、時給や希望条件に合った求人がない」

というような条件・環境・求人への悩みを多く目にしました。

そんな働きたいけど不安がある主婦・ママ薬剤師さんのため、実際に主婦薬剤師として勤務している方の口コミや、主婦薬剤師が歓迎される職場などデータを集めてみました。

主婦・ママ薬剤師でも登録可能!薬剤師専門求人サイト

主婦・ママ薬剤師のメリット

子供を抱く主婦薬剤師

1 パートでも高時給

 
パート勤務の薬剤師さんの平均時給は2,000円前後。勤務地や職種にもよりますが年収400万程度の給与がもらえます。

これでも一般職に比べると大分高いですが、なかには正社員じゃなくても2,500円~4,000円以上という高時給の職場もあるのが主婦薬剤師さんの最大のメリット!都心のドラッグストアなど、調剤以外にも接客業務が増えると高時給になる傾向があります。

参考:薬剤師転職ドットコム|薬剤師の時給の相場とは?

2 働き方を自由に選ぶことができる

薬剤師資格があれば、主婦でも選べる求人は多いです。フルタイムのパート以外にも、派遣や5時間だけの時短勤務など生活スタイルに合わせて働き方を選ぶことができます。

特に、派遣スタッフの場合は4,000円以上の高額時給求人もたくさんあります。転職サイトのエージェントに相談すれば、数か月間など短期勤務の希望も受け付けてくれることがあり、柔軟な働き方が可能です。

参考:ファルマスタッフ|派遣の薬剤師求人

3 転勤がない

パート・派遣勤務の場合、基本的には転勤は発生しません。

主婦で薬剤師をする場合には家事・育児との両立が必要なので、家族の理解が前提になるかと思います。転勤が無く、自宅近くの職場なら急に子供に何か起きた時でも動くことができて安心です。

主婦・ママ薬剤師のデメリット

職場内いじめにあう主婦薬剤師

1 人間関係

主婦のパート薬剤師さんで特に多いのが「人間関係」の悩みです。

ドラッグストアなどの場合、同じ時間帯に働く他の主婦パートさん達より遥かに高い時給ということから、主婦の間でやっかみが生まれることがあります。

また、正社員と違い残業をせずにささっと帰ることができるので「気楽なパートはいいよね」という目で見られることもあるのだとか。

こういったやっかみや嫌味は気にしすぎず、さらっと笑顔で受け流すのが一番の得策ですよ。

2 責任のある業務を任せてもらいにくい

正社員ではない雇用形態の場合、仕方のない事ではあるのですが重要度の高いポジションに就くことは難しいです。

これは元々薬剤師としてバリバリ働いていた主婦・ママさんだと物足りなさを感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、全くの専業主婦に比べるとブランクが無いため、再就職には有利です。子供が小さいうちはパート勤務に徹して、手を離れたら正社員として職場復帰するというのも一つの人生プランでしょう。

主婦薬剤師さん転職のきっかけと悩み

さらに、現在主婦薬剤師として働いているみなさんが転職を考えるきっかけで多いのは何なんでしょう?

主婦薬剤師のあるあるな悩み3パターンをご紹介するので、復職したい・今から求人を探すという方は、ぜひ二の舞にならないように参考にしてくださいね!

1 休みがとれない・残業が多い

残業

下手をすると「残業代も出ないのが当たり前」なんていう職場も。ただでさえ帰ってから家事や育児が待っているのにサービス残業なんてたまりません。

また、給与に「みなし残業代」としてすでに含まれており「〇時間/月」までの残業代は支払う義務が無いといった形態の職場もあります。

【病院薬剤師・女性】
通常業務以外の雑用や、医師看護師とのやりとりに時間を取られ残業が多かったです。勉強会や研究会への参加も多く、有休とは名ばかりで使えたことはありません。

おこっているナース

休日出勤は無いにせよ、なかなか希望通りの休みが取れなかったり頻繁に残業を頼まれる環境で働き続けるのは難しいですよね。

主婦薬剤師が家庭と仕事との両立を続けるには定時に帰れ、希望休が取れるというのは何よりの条件のようです。

2 職場が遠い

写真:残業をする女性

忙しい主婦には通勤の「時間」もとっても大事。

【地方のドラッグストア薬剤師・女性】
自宅から片道約1時間半かかるドラッグストアに勤務していたことがありました。地方なので給与も高めだし、はじめはそれなりに満足だったけど毎日となると往復3時間はやっぱり負担。その3時間で家のことが色々できるのに、と思ってしまいます。

薬剤師

特に子供のいるママさん薬剤師の職場選びは、子供に何かあった時にすぐお迎えに行ける距離というのも重要な条件です。

それに給料も出ない通勤時間に1時間も2時間もとられるなんて、もったいない!というのもホンネのようです。

3 福利厚生の待遇が悪い

レッドカードを持つ上司の手

「産休・育休取得可能」と謳っていても実際は良い顔をされなかったり、産休の希望を出すと退職を勧められるなどの例もあるようです。

今はまだ子供がいなくても、今後子供を育てる予定のある主婦薬剤師にとって産休・育休や職場復帰制度は非常に重要。

上記のような条件はお店や企業の方針によるところも大きいので職場を変えることであっさり解決した、なんて声もあります。

主婦・ママ薬剤師が即戦力!活躍できる職場は?

主婦に人気の転職先は調剤薬局かドラッグストア

お薬手帳と薬

結婚している主婦や子供のいるママさん薬剤師にとって働きやすく、人気のある業種が調剤薬局とドラッグストアです。

特に、調剤薬局は勤務している女性のほとんどが主婦!なんてことも。

もちろん働く店の方針にもよりますが、残業が少なく比較的主婦への理解のあるのがこの2つの職場。

残業や時間外の拘束も他の職種に比べると少なく、大手ならば福利厚生もしっかりしているというのが特徴です。

主婦が多いので産休・育休取得も気兼ねなくできるし、職場復帰している先輩ママなどがいれば安心できますよね。

主婦薬剤師におすすめの残業が少ない業種

  • ① 調剤薬局
  • ② ドラッグストア

時短勤務のおすすめはドラッグストア薬剤師

免税店併設薬局

決まった曜日だけ働いたり、平日15時までなどの働き方を希望する主婦薬剤師も多いと思います。

そんな時短勤務の場合の狙い目はチェーン展開しているドラッグストアです!

特に郊外の店舗となると薬剤師不足で、時短勤務でも良いので薬剤師にいてもらいたいという採用側もいるようです。

東京都内で探す場合、世田谷区も主婦薬剤師が働くのに人気のエリアです。

人口密集地なだけあって、都内で最もドラッグストアの数が多く希望に沿った求人も探しやすいというのがその理由です。

主婦薬剤師には厳しい転職先

病院

反対に残業や勤務外の勉強会が多く、定時帰宅や時短が難しいのは企業(製薬メーカー)や病院です。

製薬メーカーなどの企業はもともと高年収で人気の職場ですが、給与の多さに比例して残業も増えるということもあるそうです。

病院薬剤師は、医師や看護師とのヒエラルキーがあったり雑用のせいで残業が増えるという声も。

先端医療にかかわれるのでその分やりがいは大きいですが、家庭も大事にしたいという主婦の方だと時間が作れずに体力面でも厳しいという意見が多いのが現状です。

主婦薬剤師におすすできない残業が多い業種

  • ① 企業(製薬メーカー)
  • ② 病院

時短・パート・派遣、主婦の働き方は自由

子供を抱っこする主婦薬剤師

一度資格を取得してしまえば、半永久的に職に困らないといわれている薬剤師免許

結婚・出産は女性にとっては一大イベントなので、仕事も大切ですがもちろん自分自身の生活も大事にしたいですよね。

今は薬剤師専門の転職サイトなんかもあり、条件を選んで求人を紹介してもらうことも可能です。

結婚したからって専業主婦という選択肢しかないわけではありません。今までの経験と資格を活かして、自分に合った働き方を選べる時代ではないかと思います。

主婦薬剤師さんの転職事情とは?

スマホを触る主婦

では、主婦薬剤師さんはどのようにして転職先を探しているのでしょうか?
ハローワークや求人雑誌、求人サイトなど仕事を探す方法はたくさんありますが、おすすめなのが「転職情報サイト」です。

その中でも、「薬剤師専門の転職サイト」を賢く使う方が増えているんです。

主婦が薬剤師専門転職サイトを利用するメリット

  • ① 平均残業時間など、聞きづらいこともエージェントを使って確認!
  • ② 主婦はいるか?産休育休取得の例はあるか?など職場環境についても聞ける!
  • ③ 自分で求人情報を探さなくても、条件を提示すればエージェントが代わりに探してくれる!
  • ④ サービスは全て無料!

何より、業界の知識を持ったエージェントが対応してくれるので話が早く、きちんとこちらの気持ちを汲んでくれる点は大きなメリットです。

薬剤師専門の転職サイト、主婦におすすめなのは?

「薬剤師専門の転職サイト」もたくさんあり、どれを選べばいいのかわからないという方もいるかもしれません。

当サイトもそのようなお問い合わせをいただく頻度が増えました。ではどの転職サイトがいいのでしょうか?

それはズバリ!薬キャリです。

fireshot-capture-78-%e8%96%ac%e5%89%a4%e5%b8%ab%e3%81%ae%e6%b1%82%e4%ba%ba%e3%83%bb%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%83%bb%e5%8b%9f%e9%9b%86-i-%e8%96%ac%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa-by-m3-com_-https___pcareer-m

薬キャリが他のサービスより使いやすいポイント

① 提携している転職サービス36社分の求人を一括で検索できる
⇒実は『マイナビ薬剤師』や『リクナビ薬剤師』の求人情報も、薬キャリのサイトで一括検索・閲覧&応募ができてしまいます

薬キャリの提携会社

② 登録に手間が無い
⇒面倒な職務経歴などの入力もなく、6項目で登録完了後、すぐに非公開求人の検索もできます

薬キャリの入力項目

③ もちろん登録・検索・エージェントへの相談・応募まですべて無料です

薬キャリでエージェントに転職先を紹介してもらう方法

パソコンを見て微笑む女性

薬キャリの公式サイトにアクセス

薬キャリ公式キャプチャ

②情報を登録(最短20秒でOK!)

薬キャリ公式キャプチャ2

③エージェントが条件に合った職場を紹介してくれる

笑顔のスーツ若い男性

というとても簡単な流れです。

しかも、最短で即日に職場を紹介してくれます。
まさに忙しい主婦のための転職サイトといえますね。

スマホをいじる女性

※もちろんスマホからでも登録できます

もっと細かく条件を伝えれば、きちんとその条件に沿った求人を紹介してくれます。(もし紹介された求人情報に惹かれるものが無ければ、もちろん断ることもできます。)

満足する転職先が見つかるか不安な方は、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

「主婦薬剤師が転職できるのか?」「希望に沿った職場は見つかるのか?」

いまあなたが悩んでいることをプロのエージェントに解決してもらえるかもしれません。

すぐに転職情報が知りたい方は、こちらから公式サイトを見ることができます。

主婦薬剤師にもおすすめの“薬キャリ”公式サイトを見てみる

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜