HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 60代薬剤師の転職で求められるものは人柄?

60代薬剤師の転職で求められるものは人柄?

ブログ
60代薬剤師の転職で求められるものは人柄?

60歳定年制と言う事に関しては、他の職種では当たり前のことになっております。しかし「薬剤師としての資格」がある場合、サラリーマンやOLと違っていささか有利な点もあります。

定年後の再就職に関して最も多い方法は、転職求人サイトに登録する場合が多いようです。 どの職種でも同様に、「60代でもまだ働きたい」と言う意欲は変わらない傾向にあります。

しかし実際には、民間企業も含め、病院・薬局での60代の方の求人は少ないのが現状です。

60代での転職で求められているもの

kaigo01

60代での再就職・転職では「薬剤師の経験やスキル」と言うものはあまり求められていません。 しかし60代以上の薬剤師が必要とされている事も事実で、その際に必要とされているのは「年齢を重ねた分の人間性と人柄」なのです。 転職先では、どうしても自分よりも若い人たちと仕事を共にしなければなりません。 その為「頼れる人材・現役時代の待遇スキルにこだわらない・再就職先の希望や提案を受け入れることが出来る」といった、職場での若い人へのアドバイスや潤滑油的な役目を果たせる人材が必要とされているのです。

また一方では、高齢化社会が深刻である現在、予防医学やセルフメディケーションへ力を入れている医療機関やドラッグストア・高齢者施設も多く、患者さんやお客様からのお話をきちんと聴いたうえで、「ミドル・シニアだからこそ出来る適切なアドバイス」を提供できる薬剤師が必要とされているのです。 今後60代での転職を考えている場合、人間性を磨いていくことも転職活動の大事な準備になります。

パート働くのもあり

正社員にこだわらず、「パート」で働くと言う考え方もあります。
それであれば、かなり求人の間口も広がり、転職も可能となります。

また、地方や離島への移住が可能で「のんびりと仕事をしたい」と言う方であれば、概ね年齢不問で求人も多くあります。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜