HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 50代薬剤師の転職理由は体力の衰え?

50代薬剤師の転職理由は体力の衰え?

ブログ
50代薬剤師の転職理由は体力の衰え?

50代と言う年齢での転職の理由は「体力の衰え」のようです。
今まで通りに仕事をする事が心身ともに疲れてくることから、現在の仕事を続けられるかどうか不安に感じてしまう年齢なのです。

転職を受け入れてくれる所があるか?

お年寄り

転職を受入る側の医療機関にとっても、「50代での転職」と言うものは様々な懸念材料があるようで、それがネックになり求人も少なくなってしまいます。 特にどの医療機関も求めている、50代の薬剤師の求人条件は「今までのキャリアをリセットし、新しい環境で仕事に従事できるか」ということです。 この姿勢があるかどうかが「50代の転職」の大きなキーワード となります。

具体的には、今までの経験を生かしながらも「新しい環境の手順を受け入れる事が出来る上に、新しい提案や新しい事に目を向けられる薬剤師」が求められているのです。 「プライドの高い方」の場合、年下の上司や同僚との関係が上手くいかず、職場に馴染む事が困難で結局また転職をしてしまうと言う方も少なくないからです。

この点では他の職種と同じように、年齢が上がるにしたがって転職が難しくなる事は変わりないと言う事です。

転職する際の問題点

更に問題は「調剤のキャリアがあるか」と言う事です。 今まで薬に関連した仕事はしていたが「薬局での調剤経験がない」と言う方もいらっしゃいます。 そう言った意味では「薬剤師免許を所持している」と言うだけでは厳しい状況であることは言うまでもありません。

但し、大手のドラッグストア等は「薬剤師の免許所持者」であれば薬の販売が可能な事もあり、間口が広がります。

飛行機

また、「勤務先の条件ははっきりと決まっているのに、年齢がネックになって採用されない」と言う場合「地方で働く」という選択肢もあります。 勤務先にこだわらず、引っ越しが可能な場合、地方に行くほど好条件での転職がしやすくなる可能性があります。 地方での薬剤師の人手不足は深刻で、そういった意味で、好条件での転職が可能なのです。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜