HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 女性薬剤師が産休を取るためには?産休をとるときに気をつけること

女性薬剤師が産休を取るためには?産休をとるときに気をつけること

ブログ
女性薬剤師の産休

ライター:姉様

女性の社会進出が進み産休の制度も一般的になってきましたね。
また産休をとって仕事を続けたい女性薬剤師も最近は多くいます。
ですが、近頃ではなかなか産休をいいだせなかったり退職を勧められたりなど産休が取るのが難しいようです。
今回はそんな産休について詳しく調べてきました。

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_m

産休が取りやすい所

基本的に薬剤師が複数いる大手の調剤薬局や企業、薬剤師店長のいるドラックストア等は 産休を取りやすいです。理由としては、代わりの人を雇ったり、産休をとっている間の仕事を分担する等の制度がある所が多いからです。

また、病院などでは託児所が完備しているところもあり産休後の仕事のサポートに対応してくれる万全な職場もあるでしょう。

大きな企業ですと、薬剤師の人数が余裕が有る所が多いので代わりの薬剤師が仕事をひきついだり、一時的にパートを募集するなどの産休中の薬剤師のフォローができます。

しかしこれが、中小企業の調剤薬局や忙しい病院になると、産休というものがあっても実際に産休を取りたいというと退職を勧められたりします。

なので産休を利用したい薬剤師は中小企業よりも大手の企業で働くと良いかと思います。

薬剤師の産休を取るにあたって必要なことは?

薬剤師が産休を取るために必要なのは、職場の理解です。
最近では男性も育休で休みをとれる職場も増えていますので育休や産休に理解のある会社で働けるとベストですね。

また産休を活用するタイミングを考えることも大切になります。
転職してすぐに産休に入るのはあまり良くありません。
いくら仕事ができる人でも少なくとも1ヶ月以上仕事をしてみないと感覚がつかめませんよね。
仕事の流れをつかめてないうちに薬剤師に産休にはいってしまったら会社も困ってしまいます。

ですので薬剤師が会社から産休をもらうためには計画性をもたないといけません。
産休の制度が自分の無責任な行動でなくなってしまったら、自分だけではなく産休をとりたい他の薬剤師にも迷惑がかかってしまいますよね。
なので産休を取る際には計画性や責任をもちましょう。

img_a76d6b2e407abef45f0ac0f738ca4c48118107

最後に

育児と仕事を両立することは大変だと思いますが無理のないように頑張ってください。
最近では産休制度のある企業が増えていますので、産休制度を使いたい薬剤師は産休制度がある職場に転職も検討してみてはいかがでしょうか。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜