HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 勤続年数3年は短かすぎる?薬剤師の転職時期の見極め方

勤続年数3年は短かすぎる?薬剤師の転職時期の見極め方

ブログ
退職願い

ライター:RAY

薬剤師にとって、「転職時期」と言うのは、いつ頃なのでしょうか。

求人情報に合わせて転職時期を考える

どの職種にも当てはまる事ですが、求人の出されやすい時期として
4~6月、9~10月と言われています。

この時期に求人が多い理由は、企業からの人材の流出が、とても多い時期だからです。
ですから、薬剤師としても、求人も多く職場を選びやすいので、「転職時期」とも言えるのです。

「4月」は皆さんもご存じのように年度が替わることで、それを期に様々な理由から、職場を後にする方が大変多い時期です。

また「6月」「ボーナスを受け取った後に退職や転職」を申し出て欠員がでるパターンが多く一旦求人広告が出されます。

その後は、引継ぎや、夏休みを取った後に辞めた人材の穴埋めをする為に、「9月~10月」に多くの求人が出されると言う事です。

退職願い

勤続年数から転職時期を考える

また、勤務年数で考えるのであれば、薬剤師に関して言えることは
「平均勤続年数は約3年」と言う統計が出ています。

薬剤師は、「国家資格」を持っていることから、正直「就職に困らない」と言う事も手伝い、比較的早いサイクルで皆さん職場を変えているようです。
このことから考えても、基本的には「3年目」が、実際に転職活動をするのには良いタイミングでもあります。

「転職の申し出のタイミング」としては半年以内又は、2~3ヶ月前に申し出るのが「標準」とされています。

職場によっては新しい薬剤師への引継ぎ等で
実際は中々次の職場へ動けないと言う場合もあります。

現在の職場の状況と合わせて「申し出の時期」を考慮しましょう。

更に「薬剤師の転職」に関して言えば、求人情報をいち早く察知し、今どんな薬剤師が求められているのかを知ることは、それだけ必要な人材として受け入れられるためにも、重要なことです。

また、今の職場で仕事をしながら「転職先」を探す事で、
「仕事のブランク」が出来ないようにすることも大切な事です。

無職男性

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜