HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 冬だ!乾燥肌だ!現役薬剤師による冬の乾燥肌改善対策講座

冬だ!乾燥肌だ!現役薬剤師による冬の乾燥肌改善対策講座

ブログ
酔っぱらい

ライター:RAY

毎年冬になるとやってくる、それが「お肌の乾燥」

女性

そもそもなぜ冬になると肌が乾燥するのか?
乾燥肌にならないためには何に気をつければいいのか?
乾燥肌に効く薬は?

薬のプロ・薬剤師さんによる乾燥肌のメカニズムと改善法をこっそり教えちゃいます。

乾燥肌の原因って?

冬は、大気の温度が低く、温度が低いほどに大気は水蒸気を含むことができなくなります
そのうえ寒いのでみんな暖房器具をつけます。

特にエアコンは水蒸気が発生せずに純粋に空気中の温度を温めるために
湿度が下がりやすいんです。

皮膚はもともと潤いを逃がさないように表面を皮脂でコーティングされていますが
この皮脂分泌が足らなくなると保湿成分や水分が逃げていってしまいます。

これが乾燥のメカニズムなのです。

生活習慣を見直す

ちょっとした工夫で乾燥肌の対策ができるのでぜひ参考にしてみてください。

【暖房をつけるときは同時に加湿をする】
加湿器が家にない人はコップに水をくんでそばに置いておいたり
部屋の中に植物を置くようにするだけでも違います。

観葉植物

【肌をこすりすぎない・熱湯で顔や手を洗わない】
身体や顔を洗うときに強くこすり過ぎると弱った肌へのダメージがひどくなってしまいます。また、熱すぎるお湯や過度なクレンジングは肌に必要な皮脂まで一緒に洗い流してしまうのでよくないです。

食生活を見直す

【お酒好きな人は要注意】
アルコールを身体の中で分解するためには大量の水分とビタミンを利用します。
「水分」「ビタミン」これは肌の健康を保つために必要不可欠なもの!
休肝日が無いぐらいお酒を飲み続けている人は
慢性的にビタミンが足りていない可能性があります。

酔っぱらい

【ビタミンとミネラルを食べる】
ビタミンの多い食べ物→イチゴ・キウイ・パプリカ・ブロッコリー・アボカド・ナッツ類・卵・納豆などなど
ミネラル(亜鉛)の多い食べ物→牛肉・鶏もも肉・豚レバー・きな粉・ゴマなどなど

積極的に摂取しましょう!

スキンケア・薬を見直す

【紫外線対策は冬も必須】
お肌の大敵・紫外線は一年中降り注いでいます。
冬のスキンケアは、保湿をしっかりしてからSPF10~20程度の日焼け止めを使うようにしましょう。

【下地やクレンジングは要注意】
夏に愛用していたようなオイルクレンジングは、冬だと皮脂を落としすぎてしまう可能性があります。
ジェルや、ミルクタイプのクレンジングに使い分けをしてみましょう。
また、下地も同様です。
夏のさっぱりタイプから、冬は保湿重視のタイプに変えてみるのもいいと思います。

ひどい場合は薬を頼る!

ドラッグストアで薬を買うような場合は薬剤師さんに相談するか
パッケージの成分をよく見て購入するようにしましょう。

参考までに、
薬の成分と効能と薬剤師さんによるアドバイスです。

  • 尿素…皮膚を柔らかくする効果がある。角化症や老人の乾皮症に。
  • ヘパリン類似物質…肌症状をしっかりと修復する。粉吹き肌で悩んでいる方に。
  • セラミド…お肌にやさしい効能。ビンカン肌の方に。
  • ビタミンE…血行促進、新陳代謝のアップ。ひび、あかぎれなどの手荒れの悩みに。

薬剤師さんはプロなので、症状と悩みを相談すれば
お店にある薬の中から合うものをアドバイスしてくれますよ。

とはいえ、あまりに肌荒れがひどくて治らないような場合は
きちんと皮膚科に行ってお医者さんを頼るのが一番です。

医師

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜