HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 薬剤師がやりがいを感じれる時。

薬剤師がやりがいを感じれる時。

ブログ
調剤薬局薬剤師

ライター:姉様

今では薬剤師が活躍する場は広く展開していて、
やりがいも職種ごとにさまざまあるかとおもいます。

今回はそんな薬剤師のやりがいを感じる時とは
どんな時なのか 職種ごとに調べてきました!

094739

調剤薬局

調剤薬局のやりがいは、患者さんの健康に直接関わる事ができることです。

例えば

親しい患者さんが自分の名前を覚えてくれたり
患者さんからお礼を言われたり
よく来てくれる患者さんが自分の手渡す薬で症状の回復が見られたり
患者さんの家族の体調などを相談されたりなど。

地域で頼られる薬剤師として人の手助けができる所が調剤薬局の薬剤師やりがいですね。

病院薬剤師

病院薬剤師のやりがいは、チームの一員として患者さんに関われることです。
また患者さんだけではなく患者さんのご家族ともかかわることができます。

医師や看護婦等と相談しながら患者さんが少しでもよくなるように薬剤師の立場から考え、情報を提供していく。
自分の提供した情報が治療に役立った時にはとても嬉しいですね。

そして実際に患者さんの症状がよくなれば、チームで喜びを分かち合える。
このチームで喜びを分かち合えることは病院薬剤師ならではのやりがいです。

また患者さんが回復し退院できた時の嬉しさや、患者さんのお礼の言葉、さらに患者さんのご家族からも感謝の言葉をもらえた時には病院薬剤師をやっていてよかったと思えるような大きなやりがいになります。
病院薬剤師は大変ですが、その分やりがいも多く感じられそうです。

ドラックストア

042520

ドラックストアのやりがいは下記のようなものが有ります。

給料が高いこと
薬に関することで相談してくれた時
選んだお薬の説明をよく聞いてくれた時など

この他にも、シフトが組みやすく家族との時間もしっかりとれたり
お客さんから薬以外の相談を受けたりなど 多くのやりがいを感じられる職種になります。

製薬会社

製薬会社でのやりがいは、薬の最先端で働けることです。
薬の新薬開発に関わっている薬剤師は、多くの時間をかけて作った自社の薬が市場に出た時にとてつもなくやりがいを感じられるでしょう。

MRの仕事でも、成果が出ることや 医師との信頼関係を築く事ができた時にやりがいを感じられますね。

まとめ

今働いている職場でやりがいは感じられていますか?
やりがいがあると働く時のモチベーションアップで大切なポイントになります。
今の職場でもやりがいをもって働けると良いですね。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜