HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 「薬剤師さん」の職業イメージとは?世間一般のご意見調べてみました!

「薬剤師さん」の職業イメージとは?世間一般のご意見調べてみました!

ブログ
薬剤師のイメージを考える女子高生

薬剤師さんってどんなイメージ?

※2019年3月更新

  • 子供がなりたい職業
  • 医者より気軽に話せる
  • 頭が良さそう
  • 給料が高いので羨ましい
  • 安定した職業で一生続けられる
  • 清潔感がある

薬剤師免許を取得していない、一般の人達の「薬剤師」のイメージを調べてみました。

結果はやはり「高収入・安定感・高学歴」といった、給料や学歴面でハイスペックな印象が強いようです。国家資格をもつ医療系の仕事なのでそのようなイメージを持たれるのでしょうか。

チュー太
確かに、薬剤師は努力しないとなれない分「勝ち組」のイメージが強いよね!

薬剤師は子供がなりたい職業第7位

薬剤師は子供がなりたい職業第7位

薬剤師さんに持つ世間の人のイメージが良くわかるデータに「子供がなりたい、親が就いてほしいと思う職業」があります。

2018年に日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)より発表されたアンケートによると、薬剤師は小学生女子がなりたい職業第7位という結果が出ています。

小学生が将来なりたい職業
出典:日本FP協会 小学生が将来なりたい職業 2017年集計結果

「リケジョ」という言葉ができて、理科の習い事などが小学生に大人気になっていることも薬剤師がイメージアップしている理由のひとつかもしれません。

ちなみに2018年のソニー生命のアンケート「親が子供に就いてほしい職業」では、「公務員」「医師」「会社員」に続く第4位でした。

親が子供に就いてほしい職業
出典:ソニー生命保険株式会社 子どもの教育資金に関する調査2018

理由を見ると「資格が活きる」というもの。加えて1~6位までは全て、給料や福利厚生の面で安定的な職業というのもポイントです。

「薬剤師さんは国家資格があって就職しやすく将来困らなそう」だから、という子どもを思う親心の表れなのかもしれません。

その他にも職業としての薬剤師のイメージは、「堅実」「安定」が強いようです。

日々開発される薬について勉強しスキルアップを目指している、真面目に努力をして働いているというのが世間一般が思い浮かべる薬剤師の人物像みたいですね。

メガネちゃん
ドラッグストアなどにもいる薬剤師さんはお医者さんよりも身近なので、憧れも強いのかもしれないですね。

実際の薬剤師はイメージ通りなのか?

yakuzaisi_jyosei

「高収入」「将来安定」は、確かに間違いではありません。

特に、女性にとってはメリットが多いのが薬剤師という職業です。

日本で他の職業では男女の平均年収に差があることが多いですが、薬剤師はキャリアアップ・職種の選択次第で男女関係なく高収入や評価が得られます。

また「パート」「正社員」の仕事内容においてもあまり差が無いのも特徴的ですね。収入面でも時給に換算した場合あまり差がありません。

ただ、正社員の場合は賞与(ボーナス)手当・福利厚生の面では優遇されると言ってよいでしょう。

薬剤師のあまり知られていない現状

しかし、世間にはあまり見えていない薬剤師のデメリットも存在します。

例えば、調剤薬局は小さいスペースで一日中作業をします。メンバーもごく少人数なことが多いです。

そのため、人間関係が一度こじれると居心地が悪くなってしまうということも少なくないそうです。実際働いている薬剤師さんの悩みで特に多いのが「職場の人間関係」と言われるくらいで、薬剤師さんにとっては大きな転職理由にもなります。

また、ドラッグストアでは処方薬だけでなく食料や日用品に関する知識も勉強する必要があります。

調剤や服薬指導がしたくて薬剤師になったのに、実際はレジ打ち業務棚卸など店舗の営業に携わる業務をしている時間が長い、なんて声もあります。

調剤薬局ドラッグストアの仕事に関する記事が気になる方はこちらへどうぞ

「薬剤師=高収入」の真実とは?

yakuzaisi_jyosei

薬剤師は世間一般からは「高収入」というイメージを持たれていますが実際のところはどうなのでしょうか?

厚生労働省の調査によると薬剤師の平均年収は約530万円です。日本人全体の平均年収が約410万円ですから、薬剤師が高収入というイメージはあながち間違いではないようですね!

出典:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

安定・高収入の薬剤師を目指す人は

高収入の薬剤師イメージ

薬剤師という職業が世間の人に思われている「安定」「高収入」イメージは、なかなか的を得ていたことが分かりました。

ちなみに先ほどの年収は平均年収なので、ドラッグストアの店長クラスになると約700万円、製薬会社のMRでは実力次第では30代で1000万円以上を稼ぐ人もいます。

もし、あなたがこれから薬剤師になって高収入を目指すのであれば、昇給制度のある職場や管理職を目指せる職場を選ぶことが大切になってきます。

薬剤師のみなさんが今よりもさらに高収入の職場に転職したい場合は、薬剤師資格取得者専門の求人コンサルタントを利用する方が多いみたいですね。

特にサイトに掲載していない非公開求人の場合、世間もうらやむ超・好待遇の募集がゴロゴロあります。キャリアアップを狙う薬剤師さんにはおすすめですよ。

現役薬剤師さんの登録数が一番多い“薬キャリ”を詳しく見る

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜