HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 薬剤師なら知っておきたいヘルスケア・キャラクター大集合!あの有名キャラの誕生の秘密とは?【後編】

薬剤師なら知っておきたいヘルスケア・キャラクター大集合!あの有名キャラの誕生の秘密とは?【後編】

ブログ
コンタック

ライター:ジェンティルドンナ

Mr.コンタック(グラクソ・スミスクライン)

コンタック

■プロフィール
誕生日:1966年2月28日
身長:計測したことがありません
体重:計測したことがありません
スリーサイズ:B = W = H(完璧なズンドウ)
趣味:ビリヤード、オルガンの弾き語り(TVCMでも趣味を公開)
性格:こてこての関西人
モットー:スピーチは短く、効き目は長く。
口グセ:「治った?」
好きな歌:♪かかったかなと思ったら
住んでいるところ:大阪
将来の夢:会社社長

風邪、咳、鼻炎・花粉による症状で馴染みのコンタックのキャラクター。

「Mr.コンタック」は、実はこてこての関西人!
テレビCMで声を担当しているのは、笑福亭笑瓶さんです。
人なつこく憎めない関西弁で、少しとぼけたユーモラスなキャラクターは長年多くの人に愛されています。

Mr.コンタックの特徴は、カプセル型の身体に、丸い目と鼻。
手が若干大きめなのは、テレビに登場したときに迫力ある動きを生むからだそうです。

Mr.コンタックがテレビCMに登場したのは1996年のこと。
1秒間の動きに30コマが必要という、本格的なクレイ(粘土)アニメーションを採用、制作にもこだわりを見せていますね。
"風邪で苦しんでいる人たちを癒し、助ける"というイメージを表すために、この手法が採用されました。
まるで「生きている」ということを感じさせる立体人形は、やさしく温かみがあり、大きな反響を生んだといいます。
Mr.コンタックはこれからも日本中を頑張って飛び回っています!

ピョンちゃん(エスエス製薬)

ピョンちゃん

エスエス製薬の公式キャラクター

肌の調子を整える「ハイチオール」、解熱鎮痛薬「EVE」などを発売しているエスエス製薬。
そのコーポレートキャラクターが「ピョンちゃん」です。

1952年に登場した、うさぎマークは、エスエス製品のブランドマークや社章として使用されています。
こちらがピョンちゃんの全身となっています。
シンボルマークの由来は、日本神話のなかにある「因幡の白兎」。
白兎
日本の歴史上、はじめて薬らしきものが登場したのは、出雲神話といわれています。
物語のなかで、皮をはがれたうさぎを「大国主命(おおくにぬしのみこと)」が治したことから来ているそうです。
それ以外にも、白いという清潔感、 跳び・跳ねるという躍動感など、さまざまなことからシンボルマークに選ばれました。

誕生当初は名前がなかったピョンちゃんですが、エスカップを発売開始した1963年に、うさぎ年を記念して名前を一般公募したところ、なんと160,243通のハガキによる応募が!
東京赤坂のプリンスホテルを会場に、エスエス製薬社長の他、詩人のサトーハチロー氏、文学者の奥野信太郎氏などを審査員に招き、盛大な審査会が行われ「ピョンちゃん」に決定。

現在のピョンちゃん」は1997年に生まれ変わった9代目。
ピンクとイエローの2バージョンが基本色となっています。
詳しくは同社ホームページ内「ピョンちゃんのあゆみ」で見ることが出来ます♪

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜