HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 40代薬剤師の転職 「実績がある」の意外な落とし穴

40代薬剤師の転職 「実績がある」の意外な落とし穴

ブログ
シニア女性

ライター:RAY

40代の薬剤師が転職するという事は、かなり勇気がいります。

「定年退職まで勤務できるかどうか」と言う事が重要な要素になってきます。

老夫婦

経験とキャリアが邪魔をすることがある?

年齡を問わず「薬剤師」と言う職業は他の業種に比べて需要があるというのが強みです。
そのため、他の業種と比べると求人は見つけやすいと思います。

40代の「薬剤師」となると、今までの職場の「キャリア・経験・専門知識」が有る方がほとんどだと思います。

しかし実際は他の職場の「細かいルール」「取り扱っている薬品の違い」等、今までの環境とはがらりと変わるため、また一から学ばなければならない部分もあります。

その為、自分より年下の薬剤師から注意される事や、怒られることも多々あります。
それは、雇う側にとっても、本人にとっても、かなり覚悟のいる事です。

その為、転職後に今までのキャリアや経験を「もう一度やり直す気持ち」で転職に臨むことを心に留めて転職活動をしましょう。

しかし逆に、企業・忙しい調剤薬局・中小の病院では、「経験値・キャリア」のある40代が好まれる場合も少なくありません。

シニア女性

これらの職場は、「大病院」のように、「新人の薬剤師を教育する暇がない」と言う共通点があります。

また他の職場では邪魔になっていた「経験・キャリア」が、こういった忙しい職場は即戦力になるので「管理薬剤師」等の経験があれば、なおさら必要とする職場が多くなります。

ある意味「豊富な経験とキャリア」が、強い味方になってくれると言う事です。

40代の薬剤師の転職で大切なこと

ですから、これらの求人では今までの「勤務年数・経験・キャリア」を基調とし「その仕事に直結する技術や経験」を持っているかどうかが鍵となるのです。

但し、求人は主に「急募」である場合が多く、すぐに勤務出来る薬剤師を探している募集がメインになります。

面接の前に自分の条件を明確にして「希望する職場と合致するか」「退職まで働ける環境か」と言った内容を事前に調査しておき
万全の体制で面接に臨みましょう。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜