HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ブログ > 薬剤師が年収1,000万を目指すなら製薬会社に勤めよう!

薬剤師が年収1,000万を目指すなら製薬会社に勤めよう!

ブログ

年収1,000万は社会人と一つのステータスです。人口の約5%以下と言われている年収1,000万以上に入るには、薬剤師はどうすればいいのか。

薬剤師は働く場所は大きく分けると、病院に薬局、ドラックストア、そして製薬会社です。

年収1,000万円を目指すなら

病院や薬局、ドラックストアでは安定した収入は見込めますが、1,000万の壁を破ることは非常に困難です。

ドラックストアで店長クラスになれば、年収700万円程度は見込めますが、1,000万とはまだまだ差があります。

そこでオススメするのは製薬会社への就職です。

成果主義にチャレンジできる

なぜ製薬会社だと高収入を見込めるのか?それは仕事内容になります。

病院、薬局、ドラックストアは主に販売がメインの仕事です。患者に合った適切な薬を提供する仕事はやりがいがありますが、スキルアップが難しく、収入を上げるという意味では不利です。

しかし、製薬会社は営業職になることができます。薬剤師の知識やスキルを活かして薬を販売する仕事は、成果に応じた給与形態なので、実力とやる気さえあれば年収はぐんぐん上がっていきます。

営業職ということで求められるスキルは高くなりますが、成果が収入に反映されるシステムはとてもやりがいがあります。

8815eb8e6dc4818f2961e251b1bdb1a6_l

デメリットもある

高収入が見込める製薬会社ですが、新卒時の給与が他と比べて低めの傾向があります。新卒での入社ではなく、ひと通り薬剤師を経験してからキャリアアップとして製薬会社への転職を目指すのもよいでしょう。

年収1,000万円を達成するために

自分一人で年収1,000万を狙える職場を見つけるのは至難の業です。

まずは転職サイトに登録し、担当のアドバイザーに製薬会社に勤めたいという意思を伝えましょう。

遠慮してはいけません!

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜