HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > ドラッグストア、大手と中小どちらで働くのがオススメ?

ドラッグストア、大手と中小どちらで働くのがオススメ?

薬剤師Q&A

ドラッグストアの求人は非常に多く、現在は調剤薬局を併設している所も多い事から、調剤薬局とほぼ同じ位の数で薬剤師募集が増えています。

ドラッグストアと一口に申し上げても、大手から中小まで、規模は様々です。
どちらへ転職するのが良いのか悩むところではありますが、結論から言えば、8割がた「大手ドラッグストア」への転職をお勧め致します。

大手の場合、一番のメリットは「研修制度が充実している」と言う点です。
中小の場合、「研修制度あり」とされていても、全てとは言い切れませんが、殆どが、店舗で勤務しながら、先輩薬剤師から口答と実技指導による研修で、大手のようなカリキュラムによる充実した研修制度では無い場合という現実があります。

また、「給与・待遇・保険制度」の面でも、応募内容と異なるケースが多い為、トラブルの引き金となる場合も少なくありません。

大手での経験を積んでいればお客様の層も厚いので、様々なケースの対応が経験出来る事から、薬剤師としてのスキルアップも出来ます。

ドラッグストアそのものの業務内容は、通常の薬剤師業務とは異なる点も多く、「調剤業務・服薬指導」よりも、多くがOTC医薬品の販売・接客・品出し・レジ打ちと言った、幅広い業務をこなす事となります。

ただ、今後もし何らかの理由で転職を余儀なくされた場合、「大手ドラッグストア」での経験は、必ず役に立つ事は間違いありません。

仮に調剤薬局へ転職される場合であっても接客やOTC医薬品・サプリメント等の販売に携わってきたことで、患者様の服薬指導の際の飲み合せにも充分お応えできるだけの知識が備わっている筈です。
また中小のドラッグストアへ転職した際でも、研修で基礎をきちんと受けてきているので、業務になれる時間はあまりかからずに済むこともあり、非常に採用されやすくまります。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜