HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 年収って、いくらくらい上げたいって言っていいの?

年収って、いくらくらい上げたいって言っていいの?

薬剤師Q&A

薬剤師の転職において、「年収」と言う部分で転職をお考えになる方も多いと思います。
薬剤師の平均年収は「調剤薬局薬剤師」の場合、新卒で400万円スタートで、管理薬剤師等の手合当て等が入ると最終的には650万円程度と言われています。

薬剤師(今回は調剤薬局薬剤師の場合で話を致しますが)の場合、薬剤師としての基本給にプラスして、管理薬剤師手当を始め、薬局長手当や、職場によっては、認定薬剤師・専門薬剤師手当等が加算されていく形となります。

「私には何も資格が無いから年収アップは無理なのかも」と思われている方もいらっしゃると思われますが、決してそんなことはありません。

現在、薬剤師の年収アップの条件の一つに「コミュニケーション能力」と言うものがあります。
これは、コミュニケーションのスクールや研修に参加する必要は無く、ごく普通にお話が出きる程度で十分可能な能力の一つです。

例えば年収400万円台であったとしても、転職の際に、自分の事を明るく楽しく話せる薬剤師ということをアピールできれば「年収アップ」の交渉は可能です。

と言うのも、最近の薬剤師の「コミュニケーション能力の低下」は深刻な問題となっており、通常の薬剤師業務内でも、「ビジネス用語」すら使えない若い薬剤師が増えています。

元々薬剤師と言う職業は、医師のように直接患者様を診察する事が有りませんでした。
更に、院内処方が主な仕事でしたので、殆ど会話をする事が必要なかったと言う事が背景とされています。

しかし現在は「医薬分業」もあり、調剤薬局では必ず患者様とのコミュニケーションが必要とされています。
その為、「普通に、明るく話が出来る薬剤師」と言うだけで、現在の年収にプラスして「20万円程度」でしたら、充分交渉可能です。

更に、500万円以上の年収を考えているのであれば、一度「転職コンサルタント」に相談する事で、高額年収の求人を探す事も可能です。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜