HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 薬剤師Q&A > 4年制と6年製の違いは?

4年制と6年製の違いは?

薬剤師Q&A

薬学を学ぶには、6年制学科と4年生学科があり、どちらも同じではと思われますが、卒業後の就職先に大きな違いがあります。
6年制4年制、どちらに進学したら良いのかは、大学卒業後の進路目標によって選ぶのがベストな方法です。

一般に学習カリキュラムは、薬剤師免許取得中心に行なわれているのが6年制、研究者向け学習カリキュラムは4年制です。
しかし、これは一概にいえるものでなく、4年制へ進んでも薬剤師試験受験資格を得ることができます。
実際、4年制に進学すると薬剤師資格を得るのは大変です。
受験資格を得るには、4年間学んだ上、さらに3年間の大学院で学ぶ必要があります。
4年制に進んでからも薬剤師免許を取得することはできますが、卒業後の進路を考えに入れ、はじめから6年制に進学するのが妥当です。

また、4年制に進学し、4年間学んだだけでは、研究職につくこともできません。
4年間+2年間の修了課程で学ばなければなりません。

つまり、4年制は研究者養成、6年制は薬剤師養成ということなので、卒業後の進路目的によって、どちらに進学するべきかを決めるというのが一般的になっています。
6年制学科を卒業、薬剤師国家試験に合格し薬剤師免許を取得した場合の就職先は、薬店・薬局、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社MRなどです。
製薬会社のMRは免許がなくても就職することができます。

4年制学科を卒業した場合の就職先は、公務機関での薬学研究開発、製薬会社の研究室、化粧品や食品会社での技術開発研究などの仕事につくことができます。
また、薬剤の研究を専門に仕事することができるので、薬剤師免許は必要なく、薬剤師資格を得る必要はありません。

疑問は解決しましたかメェ~?
わからないことがあったら、このサイトで確認してくださいね。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜