HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職場の悩み > 有給がとれない

有給がとれない

職場の悩み

「職場の悩み」による「転職」を考える薬剤師はたくさんいらっしゃいます。
中でも「有給」に関する悩みは多く「有給がとれない」と嘆く薬剤師は少なくありません。

就職・転職の際の待遇の面では「有給有り」と記載されていたにも関わらず、実際に職場で勤務を始めてみると「有給が取れる雰囲気では無い」と言う職場はさすがに肌で感じるようになります。
中には、正規の休暇の筈が「休暇返上」で勤務している上司や先輩薬剤師がいる職場(特にドラッグストア)等もあり、「有給が欲しい」とは言い出しづらい場合もあります。

これらの勤務先はいわゆる「ブラック」と言われる職場とされています。
応募や面接の段階ではそういった「ブラック」の部分は大抵の職場では隠している事が多いので、入職前に判断する事は、なかなか難しい事です。

だからと言って、職場相手に争う事は個人の薬剤師としては今後の業務にも指し支えが出てきますので、最終的には退職せざるを得ない状況に追い込まれる場合が殆どです。

これらの解決方法は第一に「転職支援サイト」や「コンサルタント」等を利用して、自分の希望する職種・給与・待遇等を具体的に相談した上で、今後の求人を探す事です。
良い条件の求人が見つかった際にも、充分に事前調査や職場見学をした上で「実際の職場環境」を把握する事も大切です。

そもそも「有給休暇」とは「労働基準法」で定められており、パート・バイト・社員に関わらず「6ヶ月以上連続して勤務」及び「出勤日の8割以上を出勤している」と言う場合であれば、法が定める日数分「有給休暇」として取得する権利を与えられているのです。

こういった「労働基準法」を「無視した職場」は総じて「離職率」も高くなるので、そういった面からもよく調査・確認しておくことが必要です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜