HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職場の悩み > プレッシャー(死と隣り合わせ)

プレッシャー(死と隣り合わせ)

職場の悩み

薬剤師の悩みでもっとも多いのが死と隣り合わせになる“プレッシャー”です。
人の役に立ちたい仕事を選んだけれども意外とプレッシャーが強くて押しつぶされそうになると感じる人が多いのです。
プレッシャーを乗り越えるためにはどうすれば良いのか考えていきます。
●ミスが患者さんの命に関わる
プレッシャーからくるストレスで薬剤師を辞める人も少なくありません。
薬剤師のミスが患者さんの命に関わるので薬の調剤を丁寧に行う必要があります。きちんと丁寧に行うことで患者さんに適切な薬が提供できるのです。
ミスを恐れながら調剤を行いますが、いつまでも恐れるままでは成長できないので積極的に薬について学ぶことが大切です。
ミスをしないようにベテラン薬剤師の説明やアドバイスをきちんと聞き、薬についての知識を身につけてください。
勉強熱心な薬剤師であるほどプレッシャーを難なく乗り越えられる力が身につくものです。
●さまざまな経験が成長させる
プレッシャーからスムーズに仕事ができず、過剰なストレスも受けます。
しかし、プレッシャーがある仕事こそあなた自身の成長に繋がるきっかけになるのです。
患者さんの命に関わるようなミスを起こしてはいけませんが、薬剤師として毎日過ごすと小さなミスは必ずするものです。ひとつのミスでも落ち込んでしまいますが、ミスをした経験から次はどうすればミスせずに作業ができるのか考えながら仕事ができます。
さまざまな経験をした薬剤師であればあるほどスキルアップができるのです。
プレッシャーを乗り越えるためには「ミスを防ぐために何をすれば良いのか」考えながら仕事をしてください。
ほんの少しでも意識を高めるとプレッシャーを力に変えられます。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜