HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職の悩み > 職場の悩み > 求人内容と全然違う

求人内容と全然違う

職場の悩み

他業種と比べて比較的転職が多い職業と言える「薬剤師」ですが、転職の際のトラブルで「実際働いてみたら、求人内容と全然違う」と言った事があります。 転職の際は、一人で求人誌やハローワークに足を運ぶと言う人が多いと思います。 しかし、求人誌やハローワークで、自分に合った雇用条件の職場が見つかれば良いのですが、中々「薬剤師」に特化した求人を見つける事は難しいです。 求人誌やハローワークの場合は、様々な職種の求人を取り扱っているので、担当者も「薬剤師専門」と言う訳ではありません。 ですから、薬剤師特有の条件を細かく見極め紹介する事は難しいようです。 その上求人情報誌となると、掲載されている内容だけを頼りに転職活動をするので、その結果「求人内容と全然違っていた」と言う失敗も度々起こりうるのです。 「薬剤師」は資格のある仕事なので、情報を持っている知人や友人も少なく、自力での転職は極めて難しいようです。 表向きの雇用形態での判断だけでは、自分の意にそぐわない場合もあり、我慢してしまうケースも少なくありません。 転職を考えるのであれば、やはり専門家に、しっかりしたアドバイスをもらう事が一番確実な方法です。 薬剤師専門の求人情報を扱う「転職サイト」は数多く存在しています。 その中にも、薬剤師専門のアドバイザーがいるサイトも多くありますので、薬剤師ならではの悩みや条件応えてくれる点では、利点と言えます。 サイトによっては、無料登録する事で「非公開求人」を検索する事も可能です。 自分の希望する「勤務形態・地域・職場環境・給与」等、雇用条件をはっきりと伝える事で、アドバイザーは細かな条件で求人を検索し、出来るだけ個人の条件に近づくよう、雇用先と交渉してくれる場合が殆どです。 一度「薬剤師転職サイト」を利用する事で、自分の希望する条件とマッチした転職先を見つける事が可能です。

転職の悩みは人それぞれですね。
自分らしく働ける場所を見つけることが、仕事をする上で大事なんだメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜